青葉賞予想天皇賞回顧~ペースをコントロールした武豊キタサンブラックのお見事逃げ切り

2016年04月30日

天皇賞春◎シュヴァルグラン

ようやく明日からゴールデンウィーク。今週はかなり疲れました。土曜の青葉賞は短い時間で予想した割には◎△△とそこそこいい線にいきましたね。ノーブルマーズもよく粘っていたのですが、さすがにロングスパート過ぎました。ヴァンキッシュランは、強い勝ち方でしたので、ダービーでもちょっと楽しみですね。母父ガリレオでタフな流れにも対応できそうなので、ペースが流れた方が面白そうです。

【天皇賞】

有馬記念勝ち馬ゴールドアクター、菊花賞馬キタサンブラックがそれぞれ1,2番人気か。内にカレンミロティックあたりもいて、長距離戦にしては前を意識する馬が多そうな展開。また、面白そうなのが、今年はアルバート、トゥインクルといったスタミナ自慢陣営が「スタミナ比べなら」とコメントしており、早めに動いてくる可能性が高い。

馬場は土曜を見る限り、先週よりもやや時計が速い馬場には見えるが、昨年、一昨年ほどの高速馬場まではいかない。前への意識が高くなってロングスパート戦になれば、長距離戦らしいスタミナ勝負になる可能性が高いとみた。

シュヴァルグラン
前走は阪神内回りらしくラスト4Fから11秒台のタフな流れ。メンバーが弱かったとはいえ、4角外を回しての完勝で、長距離への高い適性を見せた。ここ数年を見ても、天皇賞で活躍しているのは、ディープよりもハーツとステイゴールド。スローの瞬発力勝負なら厳しいと思うが、3番人気で前が早めに動くレースになればチャンスは十分だ。

アルバート
前走のようなスローの決め手勝負だと分が悪いが、ラスト4F最速でスタミナ比べとなったステイヤーズSはとにかく強かった。ここも坂の下りからのロングスパート戦になることが絶対条件だが、はまれば面白そうだ。有馬と日経賞はスローで力が出せなかったので、違って展開になって大きく着順が入れ替わることに期待。

トゥインクル
稍重発表ながら不良に近い馬場状態だったダイヤモンドSを圧勝。時計がかかった方がいい馬なのは間違いないが、良馬場でも早めに動く展開になればやれる。内でロス無く立ち回って下り坂で外に出せれば。

◎シュヴァルグラン
○アルバート
▲トゥインクル
△フェイムゲーム
✕アドマイヤデウス、タンタアレグリア、サトノノブレス

今年はかなりスタミナ寄りの持続力勝負になると見て、スローの有馬→日経賞路線よりもダイヤモンドSと阪神大賞典組を重視。大穴は一昨年逃げて8着のサトノノブレス。近走充実の割には全く人気ないが、母父トニービンで持続力に優れたタイプ。この人気なら。

馬券は◎○▲の馬連ボックス、◎=○▲=印の3連複で。

【天皇賞はこの2大予想家で決まり!】

さて、今週の日曜日は天皇賞(春)(G1)開催です。
舞台は「京都競馬場 3200m(芝・外)定量 4歳以上オープン」

昨年の天皇賞(春)はゴールドシップ(4.6倍 2番人気)がみごと優勝しました。
しかし、フェイムゲーム(22.6倍 7番人気)、カレンミロティック(30.5倍 10番人気)が2~3着で入線し、
3連単は236,300円の高額配当で決着した大波乱のレースだった記憶があります。

天皇賞(春)だけで過去実績を振り返ると、2009年から7年間3連単が10万馬券を超える高配当となっており、
昨年までに行われたG1などのうち連続で「10万馬券」以上となったのは天皇賞(春)だけとの事です。

3200m(芝)の壁は高く、またG1の中で最も距離の長い本レースで的中を狙うには、
今まで通りの予想ではまったく歯がたたないと言ってもいいでしょう。

人気馬だけ見てたらダメです。

そこで、長距離レース3200m 芝
この対策に最も適している予想方法が「血統予想」です。


みなさんは血統と言うと誰を思い浮かべますか?
僕が思いつくのは、日本を代表する血統評論家の一人
「栗山求(クリヤマモトム)」氏です。

様々な雑誌に寄稿するほか、テレビやイベントなどへの出演もこなしています。
また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもあるんです。


そんな栗山氏がある競馬予想サイトで専任の予想家となっており、
大激戦が予想される天皇賞(春)の予想を無料で提供してくれます。
それがコチラ
「競馬スピリッツ」



競馬スピリッツは4名のプロ予想家集団が毎週土日の重賞レースを無料提供してくれるサイトです。
■ウイニング競馬でおなじみ東スポ看板記者「虎石晃」
■馬主・専門紙などメディアとの距離が近い為顔出しNG「ハンターX」
■脱サラ予想家・逆走競馬予想「江戸川乱舞」

予想方法が違うため向き不向きのレースはありますが、この4名の無料予想を毎週網羅すれば、
ものすごい的中率をたたき出す事は間違いないでしょう。


今週末の天皇賞(春)については、血統予想家「栗山求(クリヤマモトム)」氏
予想を参考にする事をおすすめします。




そして実はもうひと方、天皇賞で参考にして頂きたいのが、
「虎石晃(トライシアキラ)」氏

みなさんご存じですよね?
ウイニング競馬でおなじみ東スポ看板記者であり、
週末は新聞・テレビ出演で予想披露、平日はトレセンでガッツリ情報収集。

大忙しの虎石晃氏ですが、競馬情報についてどんな方よりも豊富!負けません!
こんなビックな方も競馬スピリッツ専任の予想家なんです。




3連単が「10万馬券」となりうる天皇賞(春)
みなさんはどんな予想をしますか?

競馬スピリッツでは、今週も無料予想を提供します。
5/1(日)京都11R 天皇賞・春(G1)
4/30(土)東京11R 青葉賞(G2)

「競馬スピリッツ」
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーから無料予想をご覧ください。



umanari_lab at 23:38│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
青葉賞予想天皇賞回顧~ペースをコントロールした武豊キタサンブラックのお見事逃げ切り