皐月賞展望~3強に死角あり~

 回避馬が出て皐月賞はフルゲート割れになりそうですね。15頭立てでしょうか。

オッズ的には3強ムードになりそうなので、まずは3頭を見てみたいと思います。

サトノクラウン
稍重で持続力を求められるレースになった弥生賞を早めに動いて快勝。父は皐月賞2着オースミブライトと同じラストタイクーン系で、小回りで持続力を求められる中山2000mはピッタリだろう。血統面、臨戦過程などを考えると最も皐月賞馬に近い位置にいると思うが、高速馬場になった場合がやや不安。先々週のモーリスがダービー卿CTを勝った週はかなり速かったので、同じような馬場になれば、より適性の高い馬に脚元をすくわれるかもしれない。

リアルスティール
ディープ産駒らしい瞬発力の持ち主で、前走のスローの流れを追い込んだ脚は負けて強しの内容だった。ここまでの3レースは中盤にいったん緩んで脚を溜めることができたレース。皐月賞でよくある加速の少ない平坦ラップになった時に対応できるかは不安。高速馬場への対応は可能で、この馬が勝つとすれば、前半が緩んで後半勝負になった時ではないだろうか。父が勝った時のように中盤が緩んだラップになればチャンス。

ドゥラメンテ
これまでの競馬は直線でスピードに乗って突き放す強い内容。ただ、全て東京1800mで中山コースの経験のない点は不安。小回りコースで加速に手間取るようだと案外の凡走はあるように思う。セントポーリア賞では逃げ馬が大逃げしたとはいえ、縦長ハイペースのレースを経験している点はプラス。無印にはしづらいが久々のローテや不確定要素も多く、どちらかというと評価を落としたい人気馬。

というわけで、3頭ならひとまずサトノクラウンですが、高速馬場になると分かりません。土曜日の馬場、レース傾向を見てから最終的な結論は出したいと思います。

[PR]

混戦ムードの牡馬クラシックを制するのは?

第75回 皐月賞 (G1)

3連勝で弥生賞を制したサトノクラウン、G1馬ダノンプラチナが参戦するものの、リアルスティールやドゥラメンテ、キタサンブラック、スピリッツミノルなど、伏兵も虎視眈々と一発を狙っている!

今年も1、2番人気で決まるのか? そして裏で盛り上がっている穴馬は?

この大混戦を皐月賞ジョッキー大西直宏が1点公開!

第75回 皐月賞 (G1)
大西直宏の『結論』
【◎-○】穴の1点馬券【無料公開】

1点馬券の入手方法はコチラ

★毎週、毎週の大当たり★

中山5日目12R
◎ヤマカツポセイドン
▲スギノハルバード
△マルマロス(6番人気)
馬連2点目:1040円
3連複:2460円
3連単:1万3780円

中山6日目12R
◎ヴァーノン(4番人気)
▲ジェネシスロック
△コリンブレッセ(9番人気)
馬連:8550円
3連複:1万1850円

中山6日目2R
◎ワンラヴワンハート
◎シャトルソニック
△トミケンキルカス
3連複:790円
3連単:1万0680円

福島2日目8R
◎ショウナンバッハ(4番人気)
△プロレタリアト(5番人気)
△サンドラバローズ(13番人気)
馬連:4110円
3連複:3万7090円

福島2日目3R
◎ザマンダ
○エスティレジェンド
△ディオーサシチー(6番人気)
馬連1点目:770円
3連単:1万0110円

福島2日目10R花見山特別
◎デンコウリキ
△セルリアンラビット(10番人気)
▲マッチレスヒーロー
馬連:7620円
3連複:1万1520円

【皐月賞1点馬券】の入手方法はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です