東京新聞杯・きさらぎ賞プレビュー

ステイゴールドが急死、オルフェを輩出(日刊スポーツ)
非常に残念なニュースが入ってきました。現役時代は2着ばかりで勝ち切れないところが好きでしたが、引退して3冠馬を輩出したのは本当に驚きでした。現役馬にも個性派が揃っていますし、後傾のオルフェーヴルの活躍にも注目が集まりますね。現役時代を知る馬がどんどん亡くなっていくのはかなしい限りです。ご冥福をお祈りします。

木曜なので今週の重賞についてもさらっと。

【東京新聞杯】

安田記念と同じ東京マイルですが、G3ということもあり、中盤が緩んだ瞬発力勝負になることが多いレースです。ラップ的にはやや後傾になることが多く、決め手が要求されますね。今年も先行馬が少なく、フェスティブタローぐらいしか逃げ馬がいません。フェスティブタロー自身もここ数走全く行けていないので、ここも思い切って逃げないと逃げられなさそう。馬群が詰まった決め手勝負になるとディープ産駒のエキストラエンド、33秒前後の脚があるサトノギャラントあたりが有力でしょう。あとは富士S2着のシャイニープリンス、前に行けるフルーキー、マイネルメリエンダぐらいまででしょうか。ちょっと下位人気の馬は手を出しづらい馬が多く、比較的人気サイドで決まるのではないでしょうか。

【きさらぎ賞】

ここは寂しい頭数になりましたが、素質馬が揃いました。ただ、京都1800向けの持続力を示している馬はいまのところいないので、取捨が難しいところ。頭数が少ないのであまりロングスパートにもならないのかもしれませんね。3ハロン勝負なら普通に人気サイドでしょうか。人気必至ですが、ルージュバックの走りに注目ですね。

[PR]

第65回 東京新聞杯(G3)

京都金杯に続いて上位を狙うエキストラエンド、3連勝中のヴァンセンヌなどが出走も、昨年に続いて混戦模様のマイル戦線。

4年連続で1番人気が馬券圏外に敗れているように今年の東京新聞杯も波乱必至!

そんな中、情報通の間で盛り上がっている激走穴馬とは……

東京新聞杯の『激走穴馬』を今すぐコチラで教えます

 

冬の東京競馬開幕週から万券ズバリ的中!

東京2日目12R
◎エルズミーア ○ロワジャルダン △グランドサッシュ
3連単:3万2480円的中 3連複:1万3680円的中

東京1日目5R
◎ミッキージョイ ▲キタサンブラック △コスモアルヘナ
3連単:4万3100円的中

今週も必見です!
東京新聞杯の『激走穴馬』&当日の勝負鞍はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です