今週の重賞プレビュー阪急杯予想

2015年02月27日

アーリントンC予想

今日は突然の訃報で、仕事が手につきませんでした。先週の落馬はあったものの、日曜日には騎乗して2勝をあげていたし、昨日Facebookも更新していたのになぜ。。。あまりも悲しいニュースでした。

あまりテンションも上がらないので土曜日は簡単に。

【アーリントンC】 勝負度D

今年の3歳路線は1戦1勝馬が重賞で活躍するシーンが目立つ。ディープインパクトの大物がまだあまり出ていないところを見ても、例年よりも出走経験馬のレベルが低く、1勝馬でも通用しているのではないだろうか。朝日杯上位馬といえど、今年は決してレベルが高かったわけではないので、絶対視はできないと見る。

マテンロウハピネス
楽勝だったデビュー戦は圧巻の内容。勝ち時計は同日の古馬500万クラスと同タイムで、デビュー戦としては上々の内容と言えそう。母系は祖母にオークス馬レディパステルが入っており、1ハロンの延長なら全く問題なし。ネオスターダムを行かせて2,3番手できっちり折り合って直線弾ける競馬を期待する。

相手は、阪神外回り替わりがプラスに働きそうなエイムハイ。ジュニアCは外に出すのに手間取りながらラストに凄い伸びを見せており、コース替わりがプラスになりそう。前走でラスト止まったネオスターダムは、1ハロン短縮と阪神コース替わりで巻き返しがありそうだ。あとは全然人気ないが、ジュニアCで終始外を回してタイム差なしのヤングマンパワーを穴で。

◎マテンロウハピネス
○エイムハイ
▲ネオスターダム
△ネオルミエール
✕ナヴィオン、ナイトフォックス、アルマワイオリ、ヤングマンパワー、ナリタスターワン

馬券は◎=○▲=印の3連複で。

[PR]

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
  春の古馬G1戦線に繋がる伝統の一戦

第89回 中山記念(G2)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今週末は春のG1戦に向けて、
・ロゴタイプ
・イスラボニータ
・ヌーヴォレコルト

など、一線級の馬達が勢揃いする
トリッキーな中山1,800m戦


《 中山記念(G2) 》


天皇賞【春】や安田記念に繋がる上半期古馬G1前哨戦とも
位置付けられている、この春重要な一戦!

さらに過去3年、1番人気不振のこのレース。
中山巧者が断然有利と言われる1,800m。

そんな中、既に今年の中山記念の勝ち馬は●頭に絞られている!?


波乱模様の中山記念、マル秘特別情報を期間限定、完全無料公開中です!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。
※メルアド入力後、送られてくるメール内にあるURLをクリックして
登録を完了させてください。 




今回は難解レース、中山記念(G2)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!



■やはり好成績は中山巧者!?

過去3着以内馬30頭中延べ20頭は、中山競馬場・芝1,600m~2,000mで行われた
重賞・オープン特別・準オープンにおいて優勝経験のある馬でした。
故に、中山記念と近い条件のレースを制したことがある馬は
比較的信頼のおけるというデータが残っています。



■距離延長はプラス

前走の距離別成績を見ると、前走で1,800m未満のレースに出走していた馬が
3着内率33.3%と優秀な好走率をマークしています。
一昨年は中山記念で単勝8番人気ながら3着に食い込んだシルポートも、
前走で阪神・芝1,400mの阪神カップに出走していた経歴があります。
臨戦過程を比較する際は、前走で今回よりも
短い距離のレースに出走していた馬に注目すべきかもしれません。



そんな難解なトリッキーレースの中山記念(G2)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
中山記念(G2)「マル秘情報」を完全無料で公開中!


 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。
※メルアド入力後、送られてくるメール内にあるURLをクリックして
登録を完了させてください。 




umanari_lab at 21:48│Comments(0)予想 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ ユタカ ]   2015年02月27日 23:43
後藤Jの自殺、ショックです。なぜ?どうして?…。理由がわからない。
2. (No Title)  [ るなぱーく ]   2015年02月28日 22:14
本人しか分からない悩みもいろいろあったんでしょうね。外には出さないタイプだったのではないかと思います。ほんとうにお疲れさまでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今週の重賞プレビュー阪急杯予想