阪神JF全頭チェックその1

阪神JFのポイントは昨年も挙げましたが以下の4点でだいぶ絞れるかと思います。
1.中1週以内、10週以上は割り引き
2.前走連対はほぼ必須。大敗からの巻き返しは難しい
3.前走未勝利勝ちはブエナビスタ級でないと厳しい。新馬戦はマイルなら買い。
4.前走1200mは厳しい

アカリアイドル
前走未勝利でダート1200mということで、2,4のデータで消し。父バクシンオーで芝替わりは悪くないが厳しい。

アルマオンディーナ
新馬からの中1週で、1で割り引き。内回りを先行して勝った競馬で、厳しいか。

アローシルバー
前走未勝利勝ちも牝馬限定戦での僅差勝ち。上がりのパフォーマンスもそこまで秀でたものではなかったのでいきなりG1では。

エフェクト
ファンタジーSは人気薄で4着。データ的には2でマイナス。ただ、重賞としてはメンバーが弱かったし、相手強化で距離延長では厳しそう。

オーミアリス
前走1200m勝ちで休み明けなので1,4に該当。小倉2歳Sはあっと言わせたが、ハイペースで展開がはまった印象。外回りでの決め手勝負は疑問。

カボスチャン
新馬勝ちからの中2週。1800mを勝ったが道中に13.0以上が4つも入る超スローで、一気のペースアップでは位置取りも悪くなりそう。

クールホタルビ
データ1~4では消し材料はないものの、前走は相手にも恵まれスローで前々の競馬が向いた印象。阪神外回りは向きそうにない。

コートシャルマン
兄姉にストロングリターン、レッドオーヴァルがいて、上は全て3勝以上している優秀な牝系。ここ2戦もそれなりに決め手を見せており、今年のメンバーなら。

ココロノアイ
前走はスタートで出遅れて最後方になりながら、道中引っかかって3番手まで上昇し、直線もうひと伸びするという破天荒な競馬。まだ荒削りだが、あの競馬で勝ったのだから能力はある。マイル2勝も魅力。関東馬なので、輸送をこなせるかどうかが鍵になりそう。

うーん、ここまでは買いたい馬がコートシャルマンとココロノアイしかいません。人気薄で面白そうな馬がいませんね。
後半に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です