有馬記念展望~消耗レース適性~

有馬記念ウイークは楽しいですね。泣いても笑っても今年は今週がラスト。阪神Cが思ったほど狙い馬がいなかったので、今週は有馬1本で行くかもしれません。

今日は少し違う視点で見てみます。

レース上がり35.5以上、芝距離1800m以上の重賞で絞ってみたのが、以下の表になります。

arima2014

とにかく目立つのはゴールドシップ。上がりがかかる競馬になれば、滅法強いですね。この馬の場合、自ら動いてレースを作ることもあり、調子がよければ自分の得意パターンに持っていくことができます。最近は後方の競馬になりがちですが、ある程度前につけられるようだと、得意のロングスパートが炸裂するかもしれませんね。

人気のエピファネイアも上がりがかかる競馬を好むタイプです。上記の表で3着だったのは今年の大阪杯で、2頭が大逃げした競馬なので、瞬発力が求められたレースだったと思います。皐月賞、菊花賞は上がりがかかる競馬で結果を出していますので、ゴールドシップがロングスパートを仕掛けるのならば向きそうです。

個人的に穴馬で注目しているのはトゥザワールドサトノノブレス。トゥザワールドは、1000mの時点から動きつつ、4角外を回した弥生賞が秀逸。兄のトゥザグローリーよりも持続力に優れたタイプと見るので、ゴールドシップとの相性も良いのではないかと思います。サトノノブレスは、おそらく全く人気しないと思いますが、稍重の小倉記念が強かったですし、適度に上がりのかかる持続戦は良さそうです。ダノンバラードに似たタイプかなと思いますので、G1で来るなら有馬か宝塚記念あたりで。

あと、このデータを見て、おや?と思ったのがラストインパクト。直前の金鯱賞でも好走していて穴人気しそうですが、その金鯱賞もレコード決着の一戦。時計がかかる馬場はあまり得意ではないのではないでしょうか。得意な馬場としては、フェノーメノに近いのではないかと考えています。

フェノーメノについても上記の表での好走時は、ダービー、天皇賞秋、天皇賞春と、高速馬場でのもの。時計のかかった宝塚記念では4着に敗れていること、同じ中山2500mの日経賞勝利時も上がりの速い競馬だったことからすると、ここは少し適性がズレているように思いました。

ラキシスは、条件に合う出走経験がありませんでした。過去10年間で、牝馬で馬券に絡んだのはダイワスカーレットとブエナビスタだけ。ジェンティルドンナは、明確に衰えが見られますし、ゴールドシップが勝つようなタフなレースは苦手。他の牝馬もどちかというと瞬発力勝負を得意とするタイプなので、ここは苦しいと見ます。

週末の馬場を踏まえて最終結論は出したいと思います。今のところ時計がかかる馬場を想定しているので、牝馬4頭は全て消しの予定です。

[PR]

土日各1鞍予想の『馬スピ特報』は
見ておいて損はありません。

12月も、3週連続的中!

ただいま絶好調です。

4週連続的中を目指し、今週は
・有馬記念(G1)
・阪神カップ(G2)   
の2レースを無料配信!
 
※メルアド入力後、送られてくるメールのURLをクリックして登録を完了させてください。

【先週の的中実績(完全無料情報)】

(12月20日)愛知杯 (G3)
1万円 ⇒ 14万6,500 円
↓PAT画面

 

(12月21日)朝日杯フューチュリティステークス (G1)
1万円 ⇒ 3万2,500 円
↓PAT画面
7 月には428万の払い戻しを獲得
(7月27日) 中京記念
6万円 ⇒ 428万2400円
↓PAT画面

 

今週は
・有馬記念(G1)
・阪神カップ(G2)   
の2レースを無料配信!

「今年の年末総決算、有馬記念(G1)は大波乱確定!?」
なぜならば・・・
ラストランで人気を集めるであろう、
あのジェンティルドンナに、なんと「危険信号」が!?
更にこちらも引退決定で人気になるであろう、
ジャスタウェイや、ピークを越えたトーセンラー。
引退を決めた馬が走る有馬記念は「必ず何かが起こる!」
そして、スターホースが消える時、
必ず好走する馬には『ある特徴』があった!
謎が波乱を呼ぶ2014年総決算有馬記念!
今年、グランプリホースに輝くのは「●●●●●●●」!

そんなグランプリ有馬記念(G1)、マル秘情報を期間限定無料公開!
もちろん土曜に開催のお宝レース、『阪神カップ(G2)』も
完全無料でマル秘情報を公開します!
↓    ↓     ↓     ↓     ↓
※メルアド入力後、送られてくるメールのURLをクリックして登録を完了させてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です