ジャパンC回顧

京阪杯は参りました。ズブズブを期待した予想でしたが、全くの的外れでしたね。前残りで予想するとサドンストームを拾うのが難しそうですし、かなり難解な結果でしたね。

ジャパンCは◎エピファネイアが快勝も2、3着無印ではどうしようもありません。

レースは予想通りサトノシュレン引っ張る流れで、2番手以降も普通に追走したので、そこそこ速い流れになりました。馬場は回復していたとは思いますが、1000m1分を切ってきたのは速かったですね。中盤も12.5を超えるラップが1つもなく、かなり持続力の問われたラップだったと思います。

勝ったエピファネイアは、好スタートからインで我慢して直線で弾ける競馬。これまでの競馬の内容を見ても上がりがかかるレースの方が向くようで、瞬発力勝負の天皇賞で敗れて、ここで巻き返してきたのは納得が行く結果。スミヨン騎手の騎乗も見事でした。今日のペースでも引っかかっているように、ペースが速い中距離レースの方が合っているのかも。有馬記念はペース次第ですが、ある程度流れるのであれば条件は向きそうです。菊花賞を勝っていますが、パンパンの良馬場なら京都の方が危険な人気馬になりそうですね。

2着ジャスタウェイは、ベストパフォーマンスの昨年の天皇賞を見ても中距離の持続力勝負がベスト。今回もペースが緩まないレースになったところが向いたように思います。状態面については万全ではなかったんでしょうが、力のあるところをみせましたね。

3着スピルバーグは中距離でもやや瞬発力寄りのイメージがあったので消してしまいました。北村騎手もうまく乗ったと思います。冷静に振り返ってみると、スロー専門では天皇賞を勝てないですもんね。条件戦時代には速い流れを2番手で押し切る競馬もしており、今回の持続力が求められる流れでは拾うべき馬でした。

ジェンティルドンナは、ハイペースのオークスを圧勝しているように、元々はこういう流れは得意だった馬。古馬になって瞬発力寄りのレースでしか活躍できなくなっており、やはり能力に陰りがあったのではないかと思います。

イスラボニータも今日の流れなら対応して欲しかったですが、3歳ということもあり、厳しい流れでは現時点での力差が出てしまったということでしょうか。来年の成長に期待したいところです。条件的には宝塚記念が合いそう。

ハープスターは脚質的にも不利を受けやすいタイプなので、今後も牡馬に混じっては絶大に信頼は置きづらいですね。持続力勝負でもある程度の目処は立っているので、無印にはしづらいですが。

うーん。エピファネイアのダービーなどを評価して選んだ割にはヒモ選定が今ひとつでした。ヒットザターゲットはちょっと狙い過ぎでしたか^^;

 今年も残すところあと1ヶ月。個人的な馬券はほぼトントン。全然当たらない時期があった割にはまずまずだと思いますが、ラスト1ヶ月でなんとかプラスに持って行きたいです。

 

1件の返信

  1. ユタカ より:

     こんばんは。いつも馬柱を利用させていただいています。当方、情けないことに先週今週と一つも当たりませんでした。貯金使い果たしてしまった。開催末期の東京や京都の予想は向いていないのかなと自己嫌悪。中山・阪神に開催替わりになり、運気も変わってほしいと願っています。特に中山は9月の開催が無かったので、芝はいい状態なんじゃないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です