エリザベス女王杯回顧

福島記念は無無○▲◎、エリザベス女王杯は○無無◎▲と、◎○▲が2レースとも掲示板ながら、馬券自体は全然惜しくないという残念な結果になりました。個人的な大きな反省点としては、ヌーヴォレコルトを無印にしてしまったこと。内枠で印上位を固めた予想だっただけに、内枠+岩田騎手の1番人気馬の無印はやり過ぎでしたね。まあ、ヌーヴォレコルトを拾っていれば、◎が4着だったので余計に悔しいだけなんですが、ヒモの精度向上は今後の課題と言えそうです。

【エリザベス女王杯】

1000mは60.3とそこそこでしたが、6Fめ、7Fめが12.8、12.9と緩んで、その後急速に加速するラップになりました。上り坂の時点でだいぶ緩んでいたので、ラスト4Fも12.2とそれほど速くなく、瞬発力の問われるレースになりました。

ラキシス
道中に息が入って、瞬発力を問われるレースは得意。1600mのG1のようなワンペースのレースよりも中盤緩むレースの方が向くようだ。牡馬相手だと一線級には少し足りないか。

ヌーヴォレコルト
関東馬で輸送が心配だったが、4キロ減とそこまで影響はなかったか。岩田騎手らしい積極的な騎乗は、今日の展開を考えれば大正解で、力は出し切ったと思う。ハープスターのような爆発力はないものの、今後も安定して走ってきそう。ただ、牝馬同士でも抜けた馬ではないので、強い牡馬相手で斤量メリットがなければ、4,5着という結果もありそうだ。

ディアデラマドレ
瞬発力勝負になった点が向いた。ラスト4F勝負のエリ女になってどれぐらい走れるのかは今後の成績で判断したい。中盤が緩むレースならヴィクトリアマイルでも。

フーラブライド
内からスルスルと抜けて来ていい脚を使った。もう少し前で競馬したかったところか。晩成型なので、来年も楽しみ。

キャトルフィーユ
こちらはヌーヴォレコルトの位置が取りたかったところ。ヴィクトリアマイルもそうだが、決め手勝負になると少し足りない馬。力は付けているので、位置取りがハマればG1でも。

スマートレイアー
前走は我慢できたが、基本的に速いペースのマイル向き。中盤が緩むレースはあまり得意ではなく、折り合いが課題になりそう。牡馬相手のマイル戦を使ってきたら買ってみたい。

メイショウマンボ
ゆったりした流れ自体は問題ないと思うが、速い上がりはあまり得意でない。2000mあたりで上がりがかかるレースがベストではないだろうか。今後も買い時が難しい。

狙い所は悪くなかったと思いますが、ちょっと狙いすぎました。今年も残りわずかですが、何とか大きい花火を1つぐらいは打ち上げたいところです。

[PR]

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【天皇賞・秋】5番人気スピルバーグ
の激走情報をスクープ⇒2850円的中!

 <第31回 マイルCS(GI)>

   傑出馬不在のマイル路線を
    制するのはアノ馬!
  →穴の3点勝負を無料配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━

短距離・中距離路線と比較すると傑出馬不在で戦国絵巻図を彷彿させるような様相を呈しているマイル路線。古馬は連覇の掛かるトーセンラー・京都は連対率100%のワールドエース・重賞目下2連勝中のクラレント・安田記念2着のグランプリボス。3歳勢もスワンSで古馬を負かしているミッキーアイル・相手なりで崩れないタイプのホウライアキコ・距離短縮はプラス材料のタガノグランパらがスタンバイ。

当然、どの陣営も色気タップリなのは言うまでもなく「メンバー構成的にGIタイトルを奪取する絶好のチャンス」、「勝負所から勢いをつけて直線に向かえる京都コースなら勝ち負けできる」などなど、威勢の良い声が続々と聞こえてきている。

しかし、当社が注目しているのは表向きには慎重な姿勢を貫いている某陣営。テキ・乗り役とも胸を借りる立場である事を強調しているが、それは建前。本音は「今回のメンバー相手に勝ち負けできないようでは中距離路線では話にならない。キッチリ勝って箔を付けたい」と言うモノ。

さらに「ウチはココが目イチ。GIを勝てるとすればこの条件しかない」と某陣営から激走話を独占スクープ!仮に上記の2頭での決着となれば昨年の馬連1930円以上となる事はまず必至。

なお、無料登録された会員様には、天候・馬場状態など馬券に関係してくるありとあらゆるファクターを見極めた上でレース当日14時30分にメールにて無料配信するのでお楽しみに!

【マイルCS】穴の3点勝負を無料配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です