スプリンターズS回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

スプリンターズは、お昼前から雨が降り始めて、良発表ながらやや時計のかかる馬場。

そのせいもあってか 33.7-35.1 とやや前傾の流れになりました。ラスト3Fめがやや緩んでいるのは、ダッシャーゴーゴーが早めにバテたこともあるのでしょうか。3~5着が先行した馬であったところを見ても、展開は前に有利だったと思いますが、馬場が悪かったことで、かなり底力を問われるレースになりましたね。

当初は良馬場見込みで予想していて、前残りを期待していたのですが、全然違ってものになりました。予想2で書いた消耗戦の方の印は△◎無○であと1歩というところでした。ちょっと展開想定を早めに決めすぎましたね。外枠差し馬を中心に拾ったのに、レッドオーヴァルは無印だったのもいただけず。

スノードラゴン
馬場と展開がはまった。高松宮記念ほどではないにせよ、雨が降ってタフな条件になったのが向いた。ポカはある馬なので、全幅の信頼は置きづらいものの、条件がハマれば走る。父同様長く活躍できる馬なので、もう一発ぐらい穴をあけることがありそう。

ストレイトガール
内を抜ける競馬ながら、ラストよく伸びている。短距離で抜けた馬ではないが、上位の安定勢力なのだろう。良馬場でG1を走らせてあげたいところ。

レッドオーヴァル
高松宮記念は馬場が悪すぎたので、これぐらいの馬場ならこなせる馬。新潟1200mを意識した早めの競馬は、ジョッキーの好判断だった。秋も田辺騎手はG1で注意したい。

グランプリボス
最後も盛り返していて、G1馬の意地は見せたか。坂があって、上がりがかかるレースが理想。京都はあまり得意ではないので、マイルCSで過剰人気なら危ない。

ベルカント
上がりの脚は速くはないので、雨で少し時計がかかったのが向いた。好走スポットはそれほど広くないので、次に人気なら危なそう。

ハクサンムーン
逃げられなかったこともあるが、上がりがかかる競馬になったのも向かなかった。パンパンの高速馬場の方がいい。

16着ガルボまでが0.6差という大混戦レース。展開や馬場次第でガラリと変わるメンバーだったのではないかと思います。絶対王者不在の状況は変わらず、短距離路線はしばらく混戦が続きそうですね。

さて、今晩は凱旋門賞。今年は3頭出走ということもあり、日本馬にもかなりチャンスがあるのではないかと思います。個人的にはゴールドシップに頑張って欲しいですね。ステイゴールド産駒の雪辱を今年こそ果たして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です