セントウルS他回顧

セントウルSは、◎△○で的中。最も買い目の中では一番の安めで、今週ちょいプラスぐらいでした。◎リトルゲルダが抜けて、▲スギノエンデバーが突っ込んできたので、久しぶりに直線は熱くなりました。ただ、今年は岩田騎手であと1歩のところで大きいのを逃すなぁ。

ペースは想定と違って、32秒台突入とかなり速かったです。ハクサンムーンは以前はこれぐらいのペースだと潰れてたのですが、今回は2番手からの競馬ができましたし、次に繋がりそうです。勝ったリトルゲルダは、内できっちり溜めて直線も楽な手応えで快勝。力をつけていますが、本番を勝ち切るには1戦多いような。ただ、エーシンヴァーゴウのように3着に来るケースはありますし、今回で速いペースにも対応できたので、有力馬の1頭ではあるでしょう。あとは新潟の馬場がどうか。内が荒れてくるようだと立ち回りの巧さを生かせないのがどうでしょうかね。

本番で面白そうなのは内枠から外を回して5着のマヤノリュウジン。本番が中山なら本命確実だったんですが、今年は新潟。外差しが決まるような馬場と展開なら重い印を打ってみてもよいかと思っています。

今年は新潟は使い込んだ馬場になりますので、開幕週の絶好コンディションだったセントウルSとはガラリと入れ替わる可能性もあるかと思っています。本番前の馬場チェックは入念に行いたいところですね。

京成杯AHの方は◎ゴールデンナンバーが取り消しで不完全燃焼。今週も重い印を打った馬が最内を突く競馬になりました。サトノギャラントが4番枠だったので、もしかしたらとは思いましたが・・・。そういう意味では取り消しでよかったのかもしれません。ゴールデンナンバーが新潟でどれぐらいの脚を使うかは見てみたかったですが。

クラレントはスローの後傾ラップなら安定しますね。内枠の影響がもう少しあるかと思いましたが、先行馬は馬場のいいところを選んで走れるので杞憂でした。この調子なら毎日王冠ぐらいは持って行きそうです。

今週は不完全燃焼に終わりましたが、来週からトライアルが始まりますし、ビシっと本線で当てたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です