北九州記念~雨なので少し追加~新潟2歳S展望

2014年08月24日

北九州記念記念回顧~惨敗の日曜日~

今週は結構勝負に行ったのですが、見事なまでの惨敗でした。

札幌記念の方は、1コーナーの時点で「そのまま!」と叫びたくなる布陣でしたが、1000m58.4を見た時点でかなり嫌な予感がしました。馬場を考えるとさすがに飛ばし過ぎだったようで、先行勢の失速も致し方のないところでしょう。後方にいた人気2頭をしっかりアシストしてしまいました。

ハープスターは札幌コースがどうかと思いましたが、全く問題なかったですね。洋芝をこなすパワーもあるようですし、斤量利は大きいだけに本番が楽しみになりました。ゴールドシップについても欧州のゆったりした流れなら今日のように追走に苦労することはないでしょうし、重い芝は得意なだけに、通用してもいいように思います。最強馬ジャスタウェイもいますし、今年の凱旋門賞はかなり楽しみですね。

敗れた中では、タマモベストプレイが直線でも一瞬見せ場を作っていたので、もう少し楽な展開なら巻き返しがあるのではないかと思いました。やはり血統的にも中距離あたりの馬でしょうね。スプリングS2着だし、中山記念あたりに出てきてくれないかなぁ。

北九州記念は、思いっきり前残り。朝に少し雨が降って、例年よりはやや時計がかかるコンディションでした。ここ5年は、前後半が2秒以上開く前傾ラップだっただけに、今年の33.1-34.4は、北九州記念としてはスローだったと言えます。時計的にもスリープレスナイトが勝った年のラップに近かったですね。

外からアンバルブライベンが勢い良く行って、メイショウイザヨイが無理をせずに控えたことで、思ったほどペースが上がらなかったことが要因でしょうか。内枠で割り引いたリトルゲルダは来るし、まさに踏んだり蹴ったりですね。展開決め打ち予想の脆さを露呈してしまう結果となりました。

過去の傾向を見ても前半3Fが33秒前後の時は、案外前も残っていますね。来年以降も基本は消耗戦のズブズブ決着を想定しておきながらも、前残りの可能性も一考する必要はありそうです。

それにしても3着のカイシュウコロンボには驚きました。道中も内で溜めて直線でロス無く差すことができたことが大きかったと思います。ペースがそれほど速くなかったのも、1400m向きの同馬には向いたのではないでしょうか。前残りのレースになると、こういう内でロス無く立ちまわった馬が穴になりますね。



umanari_lab at 22:07│Comments(0)回顧 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
北九州記念~雨なので少し追加~新潟2歳S展望