七夕賞回顧~△▲◎的中~

バレンティン復帰!ですが、今日も敗色濃厚。。。これかれの奇跡の巻き返しはあるのでしょうか。

馬券の方は、前半戦の絶不調が嘘のような復活を見せ、ここ2週でだいぶ取り返しました。レース終わった瞬間はガッツリ取ったつもりだったんですが、コスモ絡みを厚く買っていて、△▲◎は購入額が少なくてガッカリ。ここで一気にガツンと勝ちたかったところですが、大勝まではいかずでした。相変わらず勝負弱いなぁ・・・。

ここ数年は夏競馬が好調で、夏で荒稼ぎするパターンになりつつありますので、これから数週間が勝負になりそうです。

【七夕賞回顧】

メイショウナルトが好スタートからハナへ。ミキノバンジョーあたりが続く展開。短縮ローテのグランデスバルは行けず(行かず?)。外の期待したコスモバルバラはあまり無理をせず中団から。この枠でまさか4角で大外を回すことになるとは・・・。隊列は意外と速く決まったので、それほど無理のないペースになりました。外からアドマイヤブルーが被せてきたので、「またもノリマジック炸裂か!?」と一瞬思いましたが、さすがに前半無理した分辛かったようで早めに失速でした。

前半1000mは58.9。昨年とそれほど変わらないペースでしょうか。昨年の場合は前半3Fが速く5Fめに少し緩んでいましたが、今年は息が入らない厳しい流れ。ラスト5Fから11秒台を持続させての逃げなので、これだと後続が差を詰めにくいですね。直線入り口で突き放す形になったメイショウナルトがそのまま逃げ切り。見事に復活を果たしました。

メイショウナルト
思い切って主導権を握る競馬で、自分の得意な形に持っていけたのが良かった。夏は走る馬なので、連覇のかかる小倉記念も当然有力だろう。ただ、次は当然人気だし、今回よりもさらに高速馬場になる小倉記念では、斤量面が心配。馬格もそれほどない馬で、小倉記念では57キロ以上は確実なので、絶対視はしない方がいいかも。

ニューダイナスティ
元々前に行く馬だが、今回はあまり行けず内で待機する形に。直線もうまく内に潜り込む競馬で、ロス無く立ち回れたテンが良かった。ディープ産駒では、ダノンバラードなどに近い、少しズブめのタイプで、小回りコース、内回りコースなどで持続力を問われる展開の方が合いそう。オールカマーあたりでも。

マイネルラクリマ
4角では少し手応えが怪しかったものの、何とかしぶとく伸びて3着確保。小回り平坦コースは安定して走るものの、少し内容的には物足りなかった。小倉記念では、今回よりも時計が速くなって斤量の影響を受けるのであれば、少し割り引きたい。能力的には札幌記念あたりでも通用するはず。

ダコール
ニューダイナスティの後ろから内を回しての4着。小回りでも対応できる脚は持つものの、いつも少し甘いタイプ。人気先行型なので、押さえの△ぐらいを回しておくのでよさそう。

ラブリーデイ
終始外を回す競馬になり伸び切れず。重賞未勝利の身での57キロは少し厳しかったか。もう少し上位に来るには枠順や展開のアシストが欲しい。

コスモバルバラ
中団から4角で外を回す内容で、ちょっと勿体無かった競馬。人気はすぐ落ちるタイプなので、穴馬としてチェックしておきたい。

ダイワファルコン
4角ではマイネルラクリマよりも少し前の位置取りから失速。以前ならもっとやれていたはずで、能力面に陰りが見られるのか、出来が戻りきっていないのか。当分はあまり重い印を打たない方が良さそう。

9Rで外から差しが決まっていたので、雨の影響があるかと思いましたが、終わってみれば、昨年と同様に内枠の馬中心でしたね。内から差してくるのがニューダイナスティだったのは意外でした。重賞クラスでハンデ戦となれば、個々の差はそれほどないだけに、ちょっとした枠順が明暗を分けることにあります。開幕2週めの福島なら、やはり基本的に内枠中心で考えたので良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です