土曜馬場チェック&プロキオンS予想

福島は雨の影響もなく、そこそこ時計の速い馬場と見て良さそうですね。芝の中距離のレースを見ると、基本的には内・前有利で、力のある馬だと差して来れるという感じでしょうか。ケイアイチョウサンは、外を回しては届かないと思っていましたが、準OPでは力が違いますね。

10Rのマイネルミラノが強かったです。スローを早めに動く競馬で、ラスト4Fが11.3-11.0-11.2-12.4。最後はさすがに苦しくなっていますが、中山でも強い競馬をしていますし、格上挑戦の重賞でもやれそうです。函館記念で面白そうだと思いましたが、来週なんですね。同じ馬主のマイネルラクリマに似たタイプで、こちらの方が急坂は得意な分好走できる範囲は広そうです。ポストマイネルラクリマのポジションとして期待したい馬ですね。

【プロキオンS】勝負度E

中京1400mは勝ち時計も速く、直線が長い影響で上がりも要求されるので、芝も対応できるスピードが欲しいところ。

◎アドマイヤロイヤル
○ノーザンリバー
▲ベストウォーリア
△ガンジス、キョウワダッフィー、ゴールスキー、シルクフォーチュン、ダノンカモン

プロキオンSでは、2年連続で連に絡んでいるアドマイヤロイヤル本命。母父にサンデーサイレンスが入っていて、速い上がりと時計に対応可能な馬。

相手は58キロでもノーザンリバー。人気どころのベストウォーリアを押さえつつ、穴では芝向きの血を持った馬、人気落ちの古豪を拾ってみたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です