宝塚記念回顧~◎▲無~

1着 ◎ゴールドシップ
2着 ▲カレンミロティック
3着 無ヴィルシーナ

7着 ○ウインバリアシオン

馬券は3連系しか買わなかったので抜け。うーん、これはかなり痛い馬券ですね。ヒモ選びはかなり慎重に行ったのでゴールド、カレンが来て、ヒモが抜けるということは想定していませんでした。ヴィルシーナの激走には参りました。

土曜の予想の時点でも書きましたが、金曜の夜の雨の影響か土曜の時点でそこそこ時計のかかる馬場でした。これならゴールドシップが普通に走れる馬場だろうと判断し、◎ゴールドシップ、昨年3着でそれよりも能力的に陰りの見えるジェンティルドンナを無印としました。日曜の夜にさらに雨が降って、日曜は稍重スタート。実際に他のレースを見ても昨年と同様かそれ以上に時計のかかる馬場だったと思います。この馬場ならゴールドシップの連覇もうなずけますね。今の阪神はちょっとした雨で極端に時計がかかるので、馬場状態の把握が明暗を分けますね。

ゴールドシップは、スタートで後方になりながらも、長い直線を生かして好位を取ることができました。前半ペースが緩みましたが、後半は急加速の少ないラップになっており、上がり3Fも35.6と遅く、この馬のスタミナを存分に生かせる競馬だったと思います。ただ、この後は買いどころが難しいですね。京都・東京はG2クラスでも危ないでしょうし、オールカマーあたりを使うにしても秋の高速中山は合わないように思います。やはり安心して買えるのは有馬ぐらいですかね。それにしてもステイゴールド産駒のグランプリでの勝負強さには恐れ入ります。

カレンミロティックは、高速馬場なら本命予定でしたが、馬場状態で割り引くことに。ただ、展開面でかなり楽できそうな点、状態面での上積みが前走より大きそうだったので、最終的には▲評価としました。スタートでやや後手を踏みましたが、早めに好位のインポケットを確保。少頭数だったことで、スタートのロスを帳消しにできた点が大きかったですね。前半緩んで、この馬が得意とするロングスパート戦になったのも向いたと思います。結果的に直線まで無理をせずに、脚を温存できた点が良かったですね。これまではレコードが出るような馬場で結果が出ていた馬でしたが、速い上がりが使えるわけではないので、今日のような上がりのかかる競馬はプラスだったのでしょう。

ヴィルシーナの激走は驚きました。ただ、改めて馬柱を見てみると、レインボーダリアが勝ったエリザベス女王杯での2着がありました。エリ女は2年連続で重馬場ですが、より底力の求められた2年前で好走していた点をレース前に評価できればよかったのかもしれません。この馬に関しては、カレンミロティックがスタートに失敗し、前半楽が出来た面も大きかったと思います。

ウインバリアシオンは伸びそうで、伸び切れず。目に見えない疲れがあったのでしょうか。これぐらいの時計のかかる馬場はこなしている馬ですし、出来落ち以外の敗因が思いつきません。

ジェンティルドンナに関しては、海外遠征明けで調整面で難しかった面もあるのでしょう。やはり少なからず全盛期よりはパフォーマンスを落としていると思いますので、秋は得意の東京でも頭はないんじゃないかと考えています。

メイショウマンボについては、条件的には合うと思いましたが、牡馬相手では足りないのでしょうか。デニムアンドルビーはそこそこ好走していますし、もう少し走っても良さそうでしたが、阪神コースがあまりよくないのですかね。

春のG1は印的にはいい線をいったものもあったのですが、大きいところを取り損ねた思いが強いです。近いうちに反省点をまとめておこうと思います。

4件のフィードバック

  1. ユタカ より:

     るなぱーくさん、こんばんは。当方は3連複的中で大ホームランでした。ゴールドシップは鞍上がうまく乗ったということもあるでしょうが、今回は復調と見ていて最初から◎印でした。宝塚記念とコースの相性が良かった金鯱賞が前哨戦では無くなったので、鳴尾記念上位組を狙ってカレンミロティック、阪神の6レースで内枠で逃げた馬がそのまま1着になったのを見ていて、展開が向くかなと思って買ったヴィルシーナが残ってくれて見事に的中でした。良かった。587倍と高配当で良かった~。脅威だったのは武豊のHターゲット。内ラチを走っていたのが驚速で外に出してあわやの4着。よくぞヴィルシーナ残ってくれました。ひやひやでした。
     ウインはやや距離が短かったんでしょうね。ホッコーもこの馬場では末脚が活きなかった。ジェンティはやはり右回りがXなんでしょうか?Mマンボも牡馬の一線級では力不足なんでしょうねえ。ともあれ、春のGⅠは、天皇賞と宝塚で大幅プラス収支で大変良かったでした。

  2. ユタカ より:

     追加です。
     今頃に見たんですが、日刊競馬の柏木集保さんのコラムに横山JとGシップの出会いのことが書かれてあります。浪花節的でいいですねえ~。こういうの好きです。

  3. るなぱーく より:

    ユタカさん、ヴィルシーナを拾ったのはお見事です!来年以降も穴は鳴尾記念組かもしれませんね。特にカレンミロティックやダノンバラードのように、ひと叩きに鳴尾記念を使ってくる馬は注意が必要そうです。ウインバリアシオンは、長めの距離ばかり使っていたので、中距離でなし崩し的に脚を使わされる競馬が合わなかったのかもしれませんね。

  4. ヤエノムテキ より:

    終わってみれば阪神、時計のかかる馬場ならゴールドシップが勝つのは当たり前でしたね。
    ゴールドの単勝勝負の予定でしたが、ヒモ荒れしそうだったのでゴールド1着固定で3連単総流ししました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です