週刊競馬ニュース(5/21)

ヤクルトは6連勝といい流れで交流戦に入ったんですが、初戦で痛い負け方をしてしまいましたね。今日も石川が捕まってますし、悪循環が続かなければよいのですが。さて、今週は牝馬クラシック第二弾オークスということで、ビシッと当てたいところですね。水曜日はいつものように競馬ニュースです。

【シンガポール航空国際C】(18日)~トウケイヘイロー逃げるも4着(ラジオNIKKEI)
今度はドバイよりも見せ場を作りました。メンバー次第では海外でもやれそうな目処が立ちましたね。個性的な逃げ馬なので、国内でもっと競馬して欲しいところ。宝塚記念あたりに出走してきてくれると面白いのですが。

【凱旋門賞】ハープスターなど6頭登録(デイリースポーツ)
凱旋門賞登録 プレイ出走すれば地方馬初(日刊スポーツ)
ジャスタウェイ、ゴールドシップ、ハープスター、レッドリヴェール、デニムアンドルビーの中央勢5頭に加え、地方馬プレイアンドリアルが登録。個人的にはゴールドシップ、レッドリヴェールのステイゴールド産駒に是非とも挑戦して欲しいですね。ただ、レッドリヴェールは体質的に弱そうなのでヨーロッパに連れて行って大丈夫なのかは少々不安です。斤量に利のある3歳牝馬には是非とも挑戦して欲しいです。

トランスワープが競走馬登録を抹消、今後は乗馬に(ラジオNIKKEI)
シンゲンが競走馬登録を抹消、今後は乗馬に(ラジオNIKKEI)
個性派がまたターフを去ります。トランスワープは昨年のAJCCで非常にお世話になりました。シンゲンは、故障がなければもう少し重賞を勝てたかという馬だっただけに少々勿体無かったですね。共に今後は乗馬となるようです。

クローム2冠/プリークネスS(日刊スポーツ)
4角先頭の競馬で快勝。強いですね。アメリカの3冠は78年のアファームド以来出ておらず、非常に敷居が高いわけですが、頑張って欲しいところ。ただ、いつも使っている呼吸を楽にする鼻テープがベルモントSでは使用禁止らしく回避の可能性もあるようです。何とか出走して欲しいですね。
関連:米2冠馬カリフォルニアクローム 3冠回避も(産経スポーツ)

コディーノが開腹手術、高熱続き疝痛と診断(日刊スポーツ)
開腹手術ということで、結構大掛かりな手術だったようです。秋には無事に復帰できるといいですね。素質馬なだけに、もう一度G1戦線で見てみたいです。

[PR]

先週ご紹介したターフビジョンですが、
先週末も的中を量産しました。

土曜日京都2R3歳未勝利の3連単552倍、同じく土曜日
東京11R京王杯スプリングカップの3連単1,622倍、
日曜日東京8R4歳以上 500万下の3連単629倍などを的中させていました。

実際に先週配信された買い目は・・
 

2番人気のシゲルエッチュウを軸はわかりますが、
相手に穴っぽい馬がチラホラ・・

本当に大丈夫か?

と思いながらレースを見ていると・・

なんと
9⇒12⇒3で入線し、見事的中!
配当は552.7倍でした!
払戻金額は・・
12万5,860円(推奨投票額1点200円投票の場合)
31万4,650円(上限1点500円投票の場合)

なんと10万超えの払い戻しです!

十分なお小遣いになりました。
無料情報も充実しており、

利用価値はかなり大きいです。

GIに滅法強いサイトとしても有名で今週のオークスを
含むプランは絶対に見逃せないですね。
さらに、お手軽な事に、メールアドレス登録のみで予想が見れます。
今週の無料提供レースはオークス
 
何とオークスの予想を馬連1点で提供してくれます。

必要なのはメールアドレス登録のみ(無料)です
今週のオークスはこのサイトの予想を必ず参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です