週刊競馬ニュース(4/9)

ここのところの急な気温の変動のせいか、突然熱発してしまいました。季節外れのインフルエンザかと少し焦りましたが、一晩で熱が下がったので多分大丈夫でしょう。

エピファ香港クイーンエリザベス2世Cへ(日刊スポーツ)
【Qエリザベス2世C】(香港)~アンコイルドが招待受諾(ラジオNIKKEI)
大阪杯では不完全燃焼に終わったエピファネイアですが、叩いた上積みもある海外では結果を出して欲しいですね。アンコイルドも招待受諾ということで、ドバイに続き香港でも日本馬の活躍が見られることを期待したいと思います。

ダノンバラードがアンタレスSで砂に初挑戦(日刊スポーツ)
昨年はかなりお世話になった馬ですが、ついにダート路線へ。たしかに、ここのところ有馬記念、AJCCと走れそうな条件で全く走れていないので、仕方ないところかもしれませんね。ディープ産駒ながら、母はダート重賞を勝ったレディバラードですし、重い芝を得意とすることから、案外ダートはこなすかもしれません。あとは能力がどれぐらい残っているか。

レッドカドーが春盾参戦へ19日来日(日刊スポーツ)
ビートブラック、屈腱炎を発症(ラジオNIKKEI)
天皇賞関係のニュースを2つ。昨年3着のレッドカドーは、今年は8歳ということもあり、成績的にも昨年よりは落ちていますし、少し厳しいかなと。ビートブラックについては、今年も逃げて盛り上げてくれるかと思っていただけに残念ですね。

競馬学校入学式、平成初の3兄弟騎手誕生へ(日刊スポーツ)
三兄弟が揃ってジョッキーへ。ジョッキーは体格的な問題もありますし、厳しい世界ですので、ノウハウがあるとはいえ、3人揃っては凄いと思います。父を超える活躍に期待したいところです。横山典騎手の三男も入学されるとのことで、こちらも期待したいです。

G2・2勝トレイルブレイザー引退、乗馬へ(日刊スポーツ)
京都記念と七夕賞ではお世話になりました。その後も何回か追っかけてしまって結局復活ならずは残念でしたが・・・。ちょっと種牡馬になるには実績とスピードが足りなかったですかね。

マイネルフロスト青葉賞からダービーへ(日刊スポーツ)
マイネル軍団は今年はダービーを狙うローテを組んできてますね。(プレイアンドリアルは故障ですが)。フロスト自身はトライアルを勝てる能力はあると思うのですが、本番となると少し足りないかと思います。まずはダービーで来るなら青葉賞1着は絶対条件ですので、トライアルで頑張って欲しいところ。

大阪杯4着カレンミロティック鳴尾記念へ(日刊スポーツ)
開幕週の馬場は合うと思いますので、次は狙い目だと思います。ただ、G3だと人気しちゃうかなぁ。

ストレイトガール岩田でヴィクトリアMへ(日刊スポーツ)
折り合いがつく馬ですし、血統的にも通用してよさそう。内枠が欲しいですね。

=====

「無料情報で当たらなければ信用出来ないっ!」

まさにその通りです!ではお見せしましょう!

『タダ』でもしっかり当たる無料情報を!

2014年3月1日には血統評論家、栗山求氏の京都記念(G2)無料予想で

『28万8800円』の獲得金を実現!

無料でもフルパワーでお届けしているだけに、渾身のプロ予想が炸裂!

先週も中山5R 3歳未勝利▲○◎三連単9170円見事的中!
この結果を嘘だと思いますか?

信じるも信じないも・・・全ては貴方次第です。

もちろん!いきなりこんな事を言われても信じられないと思います。

という事で、アナタが満足するまで!半永久的に予想を無料でお届けします!

■無料なのに高額的中を叩きだしている情報とは!?
サイトを見る⇒ http://www.hicchu.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です