中山記念回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

11番人気マイネルラクリマ◎で臨みましたがクビ差及ばず。2番人気ジャスタウェイが無印なので全く惜しくもありませんが・・・^^; 日曜は本命馬がいずれも4着とあと一歩足りませんでした。そろそろ大きいのを当てたいところなんですが、なかなか難しいですね。

【中山記念回顧】

1番人気の逃げ馬トウケイヘイローがまさかの出遅れ。他の馬は自分が逃げるとは思っていなかったようで、前半は譲り合い。ペースが緩んだところで外を回してトウケイヘイローが一気にハナに立つことになりました。稍重発表ですが、かなり重たい馬場だったようで、レースの上がり3Fは36.9とかかりました。

ジャスタウェイ
天皇賞では目が覚めるような末脚を見せた馬でしたが、今回はあっと驚く先行策。横山典騎手は、カンパニーでも、突然の先行策で勝っており、今回も見事な騎乗でした。こういう競馬ができるのであれば、競馬の幅が広がりそうですね。ドバイでも楽しみです。

アルキメデス
上位層のレベルが高いのと、どちらかというと広いコース向きと判断して無印としましたが、力を付けていることを証明。こういう馬場になると岩田騎手はとにかく上手いですね。これまでも渋った馬場で安定して走っているように、今日のような馬場を特に苦にしないタイプのようです。

ロゴタイプ
58キロで2着と差のない内容で、だいぶ立て直してきていると思います。ドバイを使うかどうか分かりませんが、上積みがあれば好勝負できるのではないでしょうか。タイプ的にはメイショウサムソンに近そうなので、国内G1で買うなら宝塚記念と天皇賞秋と見ています。

マイネルラクリマ
最後の後人伸びが足りず。G1クラスには少し足りないものの、G2までならやれそうなところを示しました。もう一絞りあれば2着までさらにきわどかったですかね。渋った馬場は上手いです。

トウケイヘイロー
あれだけ無茶な競馬をした割には5着と差のない6着に粘っている点はさすが。以前ほど道悪も苦にしなくなっているように思えました。同型が絡まない展開であれば、今年も中距離クラスでは主役を張れそうです。

カレンミロティック
行き脚がつかず惨敗。これまでもパンパンの馬場で力を発揮しているので、良馬場の方が走りそう。これで人気が落ちるのであれば、次以降の巻き返しは警戒しておきたい。

渋った馬場になるとジョッキーの力量が重要になってきますね。横山典騎手、岩田騎手はさすがという騎乗でした。中山は良馬場でも時計がかかる特殊馬場。皐月賞の頃には芝が成長して回復するのか、はたまた函館のようなトンデモ馬場になるのか。馬場の推移には注目していきたいですね。馬場は1月に近そうなので、1月の好走血統はマークしておきたいところ。

—–

競馬シミュレーションゲーム「100万人のWinning Post」をご紹介します。

 

ウイニングポストはスーファミやプレステでも好評だった昔からの人気シリーズ。
そして今年、PS3などでウイニングポスト8が発売予定です。

 

携帯電話(スマートフォンとフィーチャーフォン)で遊べるこのゲーム、
基本無料のアイテム課金で楽しむことができます。

 

その「100万人のWinning Post」が安田美沙子さんと夢のコラボ!

 

安田美沙子さんといえば、芸能界でも随一の競馬通といわれていますよね。

2/27(木)開始のイベント『安田美沙子からの挑戦』では、
名だたる名馬を引き連れた安田美沙子さんが立ちはだかります!

 

・デビューのきっかけ「天皇賞(春)」の優勝馬「テイエムオペラオー」

 
・「大好き」と公言する「ウオッカ」

 
・「競馬を教えてもらった」という三冠馬「ディープインパクト」

 
など思い入れの強い馬ばかり!
プレイヤーは自身で生産した競走馬で勝利を目指しましょう!

 

イベントの報酬は騎手や調教師に扮した安田美沙子さんに加え、
安田美沙子さんが考案したオリジナルアイテムなど盛りだくさんで超豪華!
競馬ファンだけでなく、安田さんのファンも楽しめます!

 

100万人のWinning Postに登録!

Yahoo!mobageでもコラボ開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です