AJCC回顧

勝負度AとしたAJCCは完敗でした。 
勝負レースを外したので、しばらくはおとなしくしておきます。

馬場が想像以上に外有利でしたね。レースの上がり3Fも36.4とそれなりにかかっており、例年通りのタフな競馬だったと思います。勝ち馬、3着馬はともかく2着馬はちょっと拾えませんでした。ベリー騎手恐るべし。

ヴェルデグリーン
オールカマーのような瞬発力ではなく、今回はそれなりに長く脚を使ったの勝利。違う競馬で勝てたことは充実ぶりを示しているのだろう。ただ、リピーターの多い特殊条件なので、他の条件で信頼できるかは半信半疑。

サクラアルディート
馬場の悪い内枠で、もっと軽い馬場向きだと思っていたので、完全に盲点。ここ2走も中山でそれほど差のない競馬をしており、叩き3走目の上積みが大きかった。また、ベリー騎手が内枠だったのに、いつの間にか外に出しており、とにかくうまく乗ったように思う。ベリー騎手は中山中距離重賞でとにかく要注意。

フェイムゲーム
こちらも内枠で割り引いたが、4角で若干遅れ気味になりながらよく盛り返している。外でもう少しスムーズなら2着はあったか。中山コースは合っているようで、今後も警戒したい。

フラガラッハ
後方だったが、4角で押し上げてきており、見せ場十分の内容。脚質的にアテにはできないが、外差し馬場+G3ぐらいではもう1,2度は馬券になるかも。

マイネオーチャード
ちょっと位置取りが後ろになりすぎた。牡馬相手では少し足りなかったか。

レッドレイヴン
外枠で展開も向いたと思うので、最後は距離か。今年は順調なら重賞の1つや2つは勝てそう。1800m付近の良馬場で。

ダノンバラード
ラチを頼りたい馬なので、今の内が荒れてきた馬場はよくなかったように思う。条件が合えば激走できる馬だと思うので、一息入れての立て直しに期待したい。重馬場や時計のかかる馬場+内が悪くない条件で。

来年への申し送り事項としては
・血統も重要(グレイソヴリン系)。
 特にハーツクライは血統構成の近いアドマイヤベガの後継の予感。
・冬場の中山コースで実績のある馬に注意
・中山重賞で実績のある騎手(ベリー騎手、ルメール騎手あたり)

===================================
2013年12月25日名古屋10R 名古屋グランプリ 3連単79.1倍的中!
2013年12月29日大井10R 東京大賞典 3連単5.6倍的中!
2014年1月22日大井11R TCK女王杯 3連単25倍的中!

一般メディアでは決して知り得ない<<人気の盲点>>にはある法則が・・・
===================================

ホッコータルマエの取りこぼしは本当に無い?
約3年ぶりにダートを走るムスカテールがアッと言わせる可能性は?
武豊騎手はトウショウフリークでどんな作戦でホッコータルマエに挑む?

当サイトが誇るデータ分析班では既に川崎記念の激穴情報を入手済み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です