天皇賞秋回顧✕◎✕

結構自信があっただけに、悔しい結果でした。

ジャスタウェイ
どちらかというとスローの瞬発力勝負の馬かなというイメージが強かったので、重い印を打ちませんでした。ペースが上がってここまで強いパフォーマンスを示すとは・・・。ハーツクライ産駒の成長力を甘く見ていました。ここ3走でスローで安定した脚を使っていたことが本格化のサインだったのかもしれません。母父のワイルドアゲインといえば、古くは父としてタイキリオン(NZT勝ち)、母父としてもサンライズプリンス(NZT勝ち)を出していて、ハイペース大好きな血統。ハイペース適性を見抜き切れなかった点は猛省すべき点ですね。こういう流れが好きなのであれば、安田記念あたりも勝てるのではないかと思います。福永騎手は先週のエピファネイアで一皮むけたのか豪快な勝ちっぷり。この調子で大舞台で勝ちきれるジョッキーになって欲しいものです。

ジェンティルドンナ
今日のような流れはこの馬の得意とする流れだったとは思いますが、如何せん2番手という想定よりも前での競馬はきつかったのだと思います。それでも先行馬では最先着していますし、能力の高さを見せつけたと思います。大目標のジャパンCでも引き続き中心的存在になるでしょう。

エイシンフラッシュ
前走で下したジャスタウェイに大きく離されていますし、こういう流れはあまり得意ではないのでしょう。一番得意なのは上がりが速くなる瞬発力勝負ながら、それ以外でも及第点の競馬はしてくるので、穴党としては少々厄介な馬。ジャパンCも極端なスローになれば。

コディーノ
内の好位で溜めて直線でもう少し頑張るかと思いましたが、最後で止まりました。馬体も絞れていたし、言い訳のできない敗戦。距離は1800mあたりがベストかもしれません。皐月賞で3着だったように、世代トップレベルまでの能力はないのかもしれませんね。

アンコイルド
ここ数走安定して走ってきており確実に力をつけている。ストームキャットの系統だし、一度大きく崩れるまでは走ってきそう。

うーん、8頭からトウケイヘイローを削って7頭にしたものの届かず。長いトンネルに突入してしまいましたが、トンネルを抜けた先に光はあるのでしょうか。

 

1件の返信

  1. くすくす より:

    今年は馬場の影響で少しは傾向が変わるかと思いましたが、、、
    天秋は、2000m以下のスピード仕様になっていない馬はレースに適応できないですね。いくら格があったとしてもジェンティル級くらいまでないと難しい。天春や有馬・宝塚である程度実績があっても、毎日王冠や札幌記念あたりで慣れていないとついていけない。ここ何年かは常に感じます。天秋に限らず、東京G1は同じ傾向が出そうな気がしますが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です