弥生賞回顧~無△◎○

先週3連チャンとかいう珍しいことをやってしまったものですから、今週はその反動でサッパリ。ツルマルレオン、ウインプリメーラ、ミヤジタイガなど、穴っぽいところは拾えているだけに、あと一捻り足りなかったですね。

【弥生賞】

中盤が緩むのはいつものことなのですが、例年ならラスト600m勝負になることが今年は800mから加速。瞬発力よりも持続力が問われる流れになっただけに、上位馬は本番でも注意かと思います。

カミノタサハラ
東京向きの瞬発力タイプかと思って切ったんですが、弥生賞は中盤が緩むのでこういうタイプも結構来るんですよね。ただ、今回は例年よりもスパートのタイミングが速く、内田騎手もゴールドシップばりの早仕掛けを見せたので、かなり長い脚を使った印象。単なる瞬発力タイプではなく、底力も結構ありそうです。現時点では兄より上で、まだ伸びしろがありそう。今回も早めに進出しながら4角で一旦置かれる展開になったので、本質的には中山は向かなさそう。ダービー有力候補だと思いますが、内田騎手継続騎乗なら皐月賞でも。

ミヤジタイガ
コディーノやエピファネイアの後ろにいた時点で、この馬の出番はなしと思ったんですが、4角でいい手応えで上がってきてビックリ。瞬発力勝負にならなかったラップを見て、納得しました。切れ味勝負では分が悪いですが、今日のようなロングスパート戦は得意なタイプ。ネオユニ産駒らしい馬で、名前が伏兵っぽいせいか人気にならないので、今後も注意したい。皐月賞ではさすがにつらい気もするが、雨馬場やペースの恩恵を受ければひょっとしての期待はある。

コディーノ
+12キロでいかにも余裕残しの仕上げ。4角でいつものようにすっと行けず(行かず?)、後方にいたはずのミヤジタイガに被せられ、直線は少し窮屈な競馬になりました。それでも3着確保はさすがと言えますが、これまでほどの強さを感じなくなっているのも事実。次は上積みが大きいでしょうから、再び人気になるかもしれませんが、絶対的な存在ではなくなった印象。きっちり仕上げてくるかどうかに注目が集まります。

エピファネイア
4角で先頭に立つまでの反応は良かったけど、そのあと脚が続かず。休み明けで余裕があったことはあると思いますが、瞬発力勝負しか経験してこなかっただけに、今回のロングスパート戦が合わなかったようにも見えました。本番は福永騎手に戻るのでしょうが、乗り慣れた騎手に戻ってきっちり折り合えるかが課題になりそうです。

キズナ
最後いい脚を見せていますが、ちょっと上位陣と比べると少し足りない印象を受けました。500万しか勝っていないので、賞金的に皐月賞出走は、厳しそう。トライアルなら勝てる能力があるところは示しました。京都新聞杯1着→ダービー5着ぐらいでしょうか。

トライアルが始まったばかりですが、有力馬が軒並み敗れて今年のクラシックは大混戦模様。楽しみになってきました。

2件のフィードバック

  1. くすくす より:

    先週のダイワファルコン、ナカヤマナイトのように、これで上位2頭は2接戦となりましたね(弥生賞・ホープフル)。弥生賞がレベルが低いとか、コディーノ・エピファネイアが見直されたりして、2頭が人気にならなければ、本番も妙味があるなあとひそかに思っています。

  2. るなぱーく@管理人 より:

    ミヤジタイガは、名前のせいか全く人気にならなさそうですね。本番でも馬券妙味はありそうです。一雨降ればさらによさそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です