週刊競馬ニュース(3/27)

一週間パスした割にはニュースが少ないですね。
来週はドバイのいいニュースが入ってくることを祈ります。

ハットトリック産駒が12ハロン世界レコード(サンスポ)
初年度で仏G1馬を出したハットトリックですが、今度は12ハロンの世界レコード。勝ったブライトソートは、7戦4勝で芝に替わって3連勝なんだとか。産駒がジャパンCに出走なんていう展開も夢ではないかもしれませんね。

ブラックキャビア無敗伸ばした24連勝(日刊スポーツ)
引退まではあと3戦ですが、国内しか使わないとのこと。ロードカナロアとぜひとも対決して欲しいのですが、直接対決できそうなレースはなく、難しそうですね。

ウキヨノカゼ脚部不安のため春は休養(日刊スポーツ)
混戦の牝馬路線ですが、残念ながらクイーンCの勝ち馬が離脱。秋にはしっかり治してきて欲しいですね。重い症状でなければいいのですが。

福永騎手と松尾アナが結婚へ(産経新聞)
ついに福永騎手も結婚!結婚を弾みに今年は大レースでの活躍が期待されますね。まずは、皐月賞でのエピファネイアに注目が集まります。

 【おすすめ競馬情報】

3月23日阪神11R 毎日杯(G3)。

このレースを、3連単でバッチリ的中させた
サイトがありました。
http://www.premium-h.jp/?afl=unt130316

1着のキズナは予想できたとしても、2着のガイヤースヴェルト、
3着のバッドボーイをきっちり拾うのは難しかったですよね。。

これを的中させるとは・・さすがです。

本当にすごいです。

その他毎週的中を出しており、先週は合計で
18レースの的中を出していました。

本当にすごいです。

無料情報も充実しており、みなさんの馬券検討の
役に立つことは間違いないです。

今すぐ今週“産経大阪杯”(G2)の3連単情報を無料GET!!
http://www.premium-h.jp/?afl=unt130316

1件の返信

  1. pennamesun より:

    ハットトリック産駆は日本に凱旋するより世界で活躍して欲しい。
    差し当たり、BCターフ。
    日本では余っていて、安田記念馬ツルマルボーイが4年で種牡馬引退、G1級2勝デルタブルース、早世したアグネスタキオン産駒のGI馬ロジックが種牡馬になれない中、折角のサンデーサイレンスの血が海外に少しでも広まるのは素晴らしい!
    最強の競走馬では無かった馬が輸出され、わずかな種牡馬と産駆で欧米とも結果が出ているので、日本で種牡馬にならずに廃業するくらいならどんどん輸出すべき!
    サンタアニタパーク競馬場と言えば、残念ながら2014年も3年続けてブリーダーズカップ開催地に決まった。
    BCターフを想定すると、
    芝コース1周1408m、直線274mで、310mしか無い中山競馬場より更に一割以上短い。
    日本の競馬場並にパンパン馬場でタイムは出るが、追込馬には出番が無い。
    せめて直線350m程度以上のコースでないと偏った馬のためだけのレースとなってしまう。
    折角の世界的レース。せめて、3〜4場で持ち回りを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です