クイーンC予想

今週は3つ重賞があるけど、どれも難しいですね。馬場もちょうど過渡期にあるので、極端な狙い撃ちは難しそう。特に京都記念は休み明けが多くて難しいのでパスする可能性が大です。まずは、土曜日のクイーンCで軽く遊んでみます。

【クイーンC】

コレクターアイテム
評価が分かれるところですが、私は普通に来る方だと思う。前走の阪神JFは極端な向かい風の中、直線で早めに外に出して風の影響をモロに受けたのが敗因と考えるので、重賞勝ちのある舞台に戻って巻き返す可能性は高い。先行馬が強いレースなので、絶対的な頭かというと微妙だけど、3連の軸としては信頼したい。

トロワボヌール
前走はスタートで出遅れて終始外を回す競馬。牡馬相手の2000mであの競馬では惨敗も致し方ない。アルテミスSは新馬戦から間隔が空いたものの、1戦のキャリアで3着馬とは0.2差の6着と健闘。今回は中間の本数こそ少ないものの直前追い切りで美浦坂路でラスト11.9の切れ味を見せており、デキはデビュー以来最高と言えそう。距離短縮ローテが相性のいいレースだけに、見直してみたい。母はこのレースの勝ち馬(中山開催時だけど)でオークス2着のチューニーで、スローの瞬発力勝負になりやすいレースだけにサンデーの血が入っている点は心強い。

 ◎トロワボヌール
 ○コレクターアイテム
 ▲イリュミナンス
 △スイートサルサ、オーキッドレイ、ジーニマジック、ウキヨノカゼ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です