東京新聞杯予想~前は止まらないのか~

きさらぎ賞は買わない予定だけど、穴で狙うとしたら
この馬→人気ブログランキング
瞬発力勝負にも対応できるし、3着までなら。

今週は東京新聞杯が勝負レース。
ここ2週は1レースしか買わないので、傷口も浅いです(笑)

【馬場状態】 
土曜の競馬を見ると、内を突いて伸びてくる馬が多く、マイル以下では前の馬が残るシーンがあった。極端な内伸び馬場ではないと思うが、コースロスのない分、内の方が有利な馬場と言えそう。土曜は、瞬発力勝負が多かったこともあり、ディープインパクト産駒が好調だった。

【展開】
例年、良馬場なら58秒前後で、安田記念ほどタフな流れにはならないケースがほとんど。ただ、重賞ということもあり、東京コースにしては加速の入るラップも少なく、11秒台を持続できる能力が問われるレースと言えそう。今年も逃げそうな馬はレッドスパーダ、ヤマニンウイスカーぐらいで、1000m通過は57秒後半~58秒半ばぐらいの平均ペースまでだろう。馬場が良いこともあり、極端な前崩れは起きないと考えたい。

【適性】
1000m58秒前後で、上がりをきっちりまとめているレースを探してみると、今年は意外と少ない。富士Sのクラレントは1000m57.6と速く、上がりがそれほど速くないので、例年の東京新聞杯とは少しずれている。むしろキャピタルSの方がラップ的には例年の東京新聞杯に近く、クラレントは、キャピタルSを差し損ねている点はマイナス。ヴィクトリアマイルは、4F目に12.0が入るものの、5F58.2で上がりも速かったので、人気どころではドナウブルーは有力と言えそう。また、過去の東京新聞杯の好走馬が何頭か出走していますが、能力の衰えがないと判断される馬は拾っておきたいところ。

◎ヤマニンウイスカー
キャピタルS、京都金杯共に展開に恵まれた印象が強いのか、ここでも人気薄。しかし、キャピタルSは、最低人気でノーマークだったとは言え、11秒台の続く息の入らない流れでの逃げ切りであり、勝ちタイムも歴代の勝ち馬と遜色ないものだった。そのキャピタルS勝ち馬は、過去10年で4回2着しており、このレースとの相性は抜群。再度単騎逃げが見込めるメンバーであれば、狙ってみて損はなさそう。

○レッドスパーダ
前走は、超久々ながら逃げて見せ場十分のレース。今回も内に行きたい馬が少ないので、好位の絶好位置を取れそうな点はプラス。元々前走の時点で追い切りでかなり動いていたように、状態はかなり良さそうで、叩いた上積みが大きい今回は更なる前進が見込める。3年前の勝ち馬で11秒台の続くラップへの適性は言うまでもない。

▲トライアンフマーチ
元々皐月賞でも2着しているように、持続力勝負には滅法強い。3年前にはレッドスパーダの2着しており、こちらも年齢の割には出走回数が少ないので、馬はまだまだ若い。

 ◎ヤマニンウイスカー
 ○レッドスパーダ
 ▲トライアンフマーチ
 △ダイワマッジョーレ、クラレント、ドナウブルー、リアルインパクト、ガルボ

 

1件の返信

  1. フィニィー より:

    毎週お世話になります
    東京新聞杯予想
    9-11-1
    枠連5-6 3連複1-9-11 3連単9-11-1
    計300円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です