ジャパンC枠順発表

他のブログでも書かれていますが、東京2400mも近年では内有利が顕著で、2010年以降の単回値で比べると
1枠 154
2枠 221
3枠 85
4枠 8
5枠 31
6枠 23
7枠 24
8枠 24
となっています。
馬番別に見ると1~4番までが明らかに高いです。
馬番15番より外は、アパパネとサンテミリオンが同着したオークスの2勝のみとなっています。
その15番より外に、
・3冠馬ジェンティルドンナ
・昨年2着トーセンジョーダン
・昨年の3冠馬オルフェーヴル
が入りました。枠順の不利を跳ね返して、結果を出すことができるか注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です