スプリンターズS回顧

スプリンターズSは、展開から何もかも読み間違えで完敗。ダッシャーゴーゴーが自ら絡んでHペースになるとは・・・。マジンプロスパーももう少し控えるかと思いましたが、内で包まれたくないので、あの枠なら仕方ないところですかね。
ロードカナロア
春までは消耗戦実績なく、スローしか実績がなかったのだから、消耗戦と分かっていたら、むしろ消していたかも。夏を越して脚元がしっかりしてきたようで、懸念されていた坂も問題なく伸びきった。ある程度緩んでも切れるタイプなので、消耗戦OKとなると、今後は国内では非常に消しづらい人気馬になりそう。
カレンチャン
今日の流れでも粘り込める能力はさすが。今後は徐々に能力が落ちていくことが懸念されるので、消すタイミングには気をつけたい。休み明けは走らなくなってきているので、消すとしたら遠征帰りや休み明けになりそう。
ドリームバレンチノ
前走は平坦戦での内伸び馬場だったので、巻き返しは可能だった。サンカルロあたりよりは少し前から差す競馬ができるので、内枠を生かしてうまく差し込んだ印象。上位2頭とは力の差を感じたものの、重賞クラスなら勝ち負けになりそう。ただ、前走のように展開不向きだと不発もあるので、うまくお付き合いしたい。
エピセアローム
前走が出来すぎの競馬なので、4着でもよく走っている。大外枠でなければ、3着はあったかも。消耗戦が得意なスプリンターなので、タフな流れの小倉・中山では今後も出番がありそうだ。
パドトロワ
全体の時計も速すぎたし、前が絡む展開も厳しかった。4角先頭がキープできるぐらいのペースなら粘れるが、今日のような流れでは厳しい。調子を崩すと長いタイプなので、次にリズムを崩すと年齢的には厳しいかもしれない。
ダッシャーゴーゴー
消耗戦は全くの不得意なので、この流れで惨敗は仕方ない。ただ、自分に不得意な流れを自ら作ってしまったのは非常に残念。今後も前半が緩む流れでしか買えない。前半が緩くないとNGな時点でスプリント路線のチャンピオンとしてはふさわしくない馬なのかも。1400mあたりの方が条件は揃いやすいか。
消耗戦の多い中山1200mで平坦戦を期待したことが甘かったか。まあ、消耗戦前提にしてもロードカナロアに重い印は打てなかったでしょうから、ロードの実力を評価できなかった時点で今年は完敗です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です