週刊競馬ニュース(10/24)

ブリランテ屈腱炎だった!復帰は来秋か(日刊スポーツ)
3歳のディープ産駒はどんどん離脱していっています。何とか現役復帰できるといいですが、全盛期の能力を望むのは厳しそうですね。ステイゴールド産駒はタフな馬が多いですが、ディープ産駒は脚元が弱い馬が多いんでしょうか。
伝説の新馬戦シーザリオの子がV/新馬戦(日刊スポーツ)
シンボリクリスエス×スペシャルウィークという配合ながら、シンボリクリスエス産駒とは思えない抜群の切れ味。ラスト3Fは11.6-11.3-11.1と加速するラップで、他のメンバーよりは1秒以上早いラップ。同父のアルフレードのように、3歳になって伸びない懸念はありますが、初戦の走りからはシンボリクリスエス産駒ナンバーワンになる可能性も秘めているように感じました。当面人気で買えなさそうですが。
フランケル有終14戦無敗/チャンピオンS(日刊スポーツ)
14戦全勝は恐るべし。一度日本で走ってもらいたかったですね。ガリレオ×デインヒルで、サドラー系の種牡馬にしてはスピードがありそうなので、産駒が日本でどんな走りをするか注目したいところ。
戸崎JRA騎手1次試験3度目挑戦で合格(日刊スポーツ)
3度目挑戦での念願の合格とのことでおめでとうございます(まだ1次ですが)。このところ地方出身ジョッキーにやられっぱなしですが、戸崎騎手が加わるとなると、ますまず地方出身ジョッキーの層が厚くなりそう。競馬学校出身の騎手にも奮起してもらいたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です