スプリンターズS予想

展望記事はこちら
スプリンターズS展望
スプリンターズS枠順発表
土曜の馬場を見る限り、芝刈りをしなかった影響も少なく、引き続き高速馬場と見てよさそうです。メインのように極端なスローになると、後ろにいる馬は全く出番なし。枠は外でも来ているので、展開がある程度落ち着くのであれば、好位より前で競馬できるかがポイントになりそう。台風が来るのは夕方になりそうなので、良馬場前提で予想する。
ペースを握るのはおそらくパドトロワ。単騎で逃げた時はそこまで飛ばすタイプでもなく、高速馬場ながらペースは昨年よりも若干遅い3F33.3~33.5あたりになると見る。2008年か2010年ぐらいの流れを想定。遅めの流れだと2008年のようにラストまで脚が止まらないか、2010年のようにラスト3Fで加速が入って前が止まらない流れになる。
ダッシャーゴーゴー
ズブズブの消耗戦は苦手で、好走条件は前半が緩んで中盤に加速が入るレース。パドトロワがウルトラファンタジーぐらいの少し遅めのラップを刻めば、悲願のG1のチャンスはある。そのウルトラファンタジーが逃げ切った2010年で、降着にはなったものの2着入線したのがこの馬。中山コースでもペースが落ち着いたオーシャンSでは快勝しており、条件が揃えば全く問題ない。
パドトロワ
4角先頭の競馬をした時の成績は<4-1-1-1>と安定感抜群。今回は単騎で逃げて4角までは粘るだろうから、かなり期待が持てる。前走のような少し緩めのラップを刻めることが条件になるが、単騎なら相当粘る馬。好調時は成績が安定するタイプなので、2連勝のここは引き続き狙い。
エーシンヴァーゴウ
大穴で抜擢。昨年3着で適性は証明済み。昨年のような消耗戦よりも、平坦ラップの方が力を出せるタイプで、枠も前走よりよくなり、鞍上に内田騎手を配してきてこの人気なら。
 ◎ダッシャーゴーゴー
 ○パドトロワ
 ▲エーシンヴァーゴウ
 △カレンチャン
 ×リトルブリッジ、ロードカナロア
馬券は◎からの馬連、○▲馬連と◎○▲=◎○▲=印の3連複で。カレンチャンはスプリントG1の3連勝は難しいだろうと見て、カレンチャン頭の馬券を外した3連単も買ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です