神戸新聞杯回顧

東西トライアル共にステイゴールドが勝利して、菊花賞はまさかのステイゴールド産駒の1,2番人気になりそう。ディープ産駒は脚元の弱さを露呈しているだけに、今後ますますステイゴールドに注目が集まりそうです。
ゴールドシップ
相変わらずの手応えの悪さながら、4角手前から追い通しでトップギアに入ってからは圧巻の末脚。このエンジンのかかりの遅さは有馬記念などの古馬重賞では致命的になるケースもありそうだが、下り坂を生かすことのできる京都は競馬しやすいだろうから、2冠の可能性は濃厚だと思う。
ロードアクレイム
母レディパステルの血統が2400mで開花。中間の追い切り内容が良く、夏を越してきっちり成長してきたようだ。母父トニービンなので、距離が伸びても対応できそうではあるので、菊の2,3着候補としては十分可能性がある。
マウントシャスタ
単勝2.8倍はちょっと人気しすぎた印象。こっちは母系からもあまり距離が伸びて良い印象はなく、1800~2000mぐらいがベストの中距離馬ではないだろうか。スローになればごまかしが利きそうであるが、人気も落ちないだろうし、菊は消して妙味。
ユウキソルジャー
父がダンスの全弟ということで、血統マニアがこぞって狙いそうな馬であるが、高速化した京都だと本番もちょっと足りなくて5着ぐらいじゃないだろうか。スタミナはありそうなので、上がりがかかる流れなら。
ヒストリカル
馬体重は戻してきたものの、完全に不発。今回もスタミナを要するロングスパート戦だったし、2400mは余程スローにならないと厳しいのかもしれない。こちらもマウントシャスタ同様に1800~2000mぐらいの中距離馬か。
菊花賞は馬券的にはあまり勝負できなさそうな予感が漂ってきました。個人的にはゴールドシップは余程内伸びじゃない限りは本命を打つ予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です