札幌記念回顧

札幌記念は堅めの決着。期待したヒットザターゲットはさっぱり。一息入れてデキが今ひとつだったんでしょうか。
フミノイマージン
この馬の脚を知り尽くした太宰騎手の好騎乗。愛知杯でもそうだったように、小回りでも4角で押し上げることができる馬。距離はこれぐらいあった方がよさそう。レース間隔は変わったが、今年もクイーンS組が連対で、滞在競馬で調整しやすい点は変わりないのだろう。エリ女も昨年のように追い込み一辺倒ではなくて、下り坂で加速できれば面白そうだが。
ダークシャドウ
早めの競馬で外からまくられる厳しい流れながらもきっちりと2着を確保。内が有利だった馬場を差し引いてもポテンシャルは相当高い。ただ、好位から競馬をするようになって爆発力は影を潜めている感じがあり、その点だけは気がかり。東京1800~2000がベスト条件だろうから、G1に手が届くなら天皇賞・秋か。
ヒルノダムール
この条件でダークシャドウに先着できないのであれば、やはりピーク時よりも能力は低下してそうだ。G1をもう一つ取るのは相当厳しそう。東京の2つよりは内でじっと我慢した時の有馬か。
ハナズゴール
最後はメンバーの中でも目立つ脚を見せており、一瞬の脚はかなりのものであるところを見せた。脚の使いどころ次第では秋華賞でも面白そう。ただ、秋の京都は昨年のように極端な内伸びのおそれもあり、外がある程度伸びる馬場ならという条件がつく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です