小倉記念予想

開幕週から、とにかく時計の速い今年の小倉。
ペース次第では1分57秒台もありそう。
このレースは持ち時計がないグレイソヴリン系が容赦なく穴で突っ込んでくるケースが多いので、持ち時計をあまり重視しすぎるのもどうかと思うが、今年はグレイソヴリンを父から母父に持つ馬は0頭ってことで、時計や小倉適性を重視して予想したい。
人気のディープ2頭の取捨から。
トーセンラー
大敗したのは全て道悪で、良馬場では崩れない馬。セントライト記念で2200m2.10.5があり、高速馬場への適性も問題なさそう。前走よりも条件は好転するように思えるので、特に消す要素はなしと判断する。→○
ダノンバラード
なぜか2000mのレースは渋り気味のレースが多く、一番速かった新潟大賞典は1.59.4で4着。キャリアがそれほど多くないので断言するのは危険だが、それほど脚が速くないこともあり、高速決着には一抹の不安。大きく崩れないとは思うが、届かなくて4,5着というケースは大いにありうるのではないだろうか。→△
ワルキューレ
昨年の小倉記念8着のあと、急激に良化し、準OPを3戦連続で2着。大原Sでは超高速馬場だった京都内回り2000mで1.57.0で走っており、高速馬場への適性は抜群だ。休養を挟んで今年は精彩を欠いていたが、前走ではダノンバラードを含む降級馬が揃っている中での準OPで牡馬に混じっての2着。しかも、得意とはいえない渋った馬場だっただけに、夏に向かっての状態面の上積みは著しいと言えそうだ。充実度では昨年よりは上、上位2頭を除くメンバーは昨年より手薄なだけに51キロなら期待してみたい。(思ったよりも人気だなぁ・・・)
 ◎ワルキューレ
 ○トーセンラー
 ▲エクスペディション
 △ナリタクリスタル、ダノンバラード、タムロスカイ
馬券は◎からの馬連と3連複で。
【オススメ】
【昨年】4番人気→15番人気で馬連3万0360円の大波乱!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
小倉記念に例年以上に有力馬が揃ったワケとは・・・!?
昨年のキタサンアミーゴ(単勝4790円)に匹敵する衝撃馬もスクープ!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
傑出馬不在だった昨年と一転し、有力メンバーが揃った今年の小倉記念。上位人気に推される事が容易に想像出来る、アスカクリチャンエクスペディションダノンバラードら有力馬陣営が口を揃えて言うのが『札幌記念には出走したくない』と言うモノ。と言うのも夏場の重賞にあって唯一のG2とあって毎年有力馬が集結。今年も連覇を目論むトーセンジョーダン、昨年の天皇賞・秋2着のダークシャドウ、一昨年の天皇賞・春を制したヒルノダムールが現時点で参戦を表明しており、ハイレベルなメンバー構成となる事はまず間違いないだろう。
アスカクリチャンエクスペディションダノンバラード陣営とすれば小倉記念で結果を出して、サマー2000シリーズ最終戦となる新潟記念に向かいたいという青写真を描いているのは言わずもがな。しかし、トレセンで取材活動を続けていくと、上記の3頭以外で必ずと言って良いほど話題に上がる馬の存在をスクープ。真相を確かめるべくテキに直接話を聞きに行くと・・・
▼【小倉記念】高回収宣言!◎-○1点勝負を無料で今すぐチェック!

1件の返信

  1. フィニィー より:

    毎週訪問してます
    小倉記念予想
    9-4-7
    枠連4-7馬連ワイド4-9馬単9-4
    3連各1点 計600円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です