CBC賞攻略

トールポピーに続いて、リンカーン急死のニュース。ここのところ、グレイソヴリンの血を持った名馬の悲報が相次ぎます。残された産駒で活躍馬が出て欲しいものです。
ラジオNIKKEIの方は得意とは言えない福島なので、今週は手を出さないつもり。改修で大きく傾向の変わりそうなCBC賞の方を考察したいと思います。
問題となるのが中京1200mのコース。G1の高松宮記念は前日までの雨の影響で1.10.3かかりましたが、これがレコードとなっているように時計が遅い。とにかくテンから時計が遅くて、前半3Fは最速でも34.5と、スプリント戦とは思えないほど時計がかかっています。
ただ、ラップバランスを見ると後半の方が時計がかかっていて、直線でも加速が入らないレースがほとんどです。逃げ馬で馬券に絡んだのはリュンヌだけ(2回)なので、直線が長く、後続を突き放すことが困難な競馬で逃げ馬には厳しいと言えそうです。
1200mは忙しい馬にもチャンスはありそうで、ある程度スタミナを要する馬場からも短縮馬を狙ってみるのが良さそうです。ただ、1回開催を終えたことで、馬場がガラっと変わっている可能性があるので、土曜の馬場チェックは必須。傾向が変わらないようであれば、短縮差し馬中心に狙ってみたいと思います。
現時点での注目馬は⇛人気ブログランキングへ
【PR】最強の関西馬専門情報CHECKMATE
□■□2年連続的中宣言!CBC賞(GIII)高回収◎-○1点勝負□■□
【昨年】4人気のヘッドライナー陣営から本音を入手して1780円的中!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
10年2着→11年1着ダッシャーゴーゴーは頭で買えるのか!?
想定回収1000%以上!◎-○1点勝負馬券”限定無料配信”
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ▼ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
今年も表向きには実績・相手関係からもダッシャーゴーゴーが注目を集めているが2着だった一昨年は京都、優勝した昨年は阪神開催。そして重賞3勝はいずれも右回りで挙げたモノ。その一方、左回りでは4着が最高とあれば付け入る隙は十分。
更に今年から施行時期が変更。サマースプリントシリーズの第2戦になった事で様相が一変。賞金を加算が目的も馬もいれば、サマースプリント王者を目指すためポイント加算が必須となる馬もスタンバイしている。
ダッシャー以外の有力所ではエーシンホワイティ・グランプリエンゼル・スプリングサンダーと言った所だろうが、前述の有力馬陣営が揃って名指している”隠し玉”がいる事は公には知られていない。頭鉄板◎-隠し玉○の2頭決着なら高回収馬券となる事は言わずもがな。ダッシャーゴーゴーは頭で買えるのかを含めた最終ジャッジは見逃し厳禁!

≫≫ 高回収◎-○1点勝負馬券を無料で今すぐチェック! ≪≪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です