宝塚記念有力馬展望

さてさて、春のG1も早くもラスト。今年は、勝つべきところで大きく勝てず、ここまでは散々な結果ですが、春のラストぐらいは有終の美を飾りたいところ。週末の天気が心配でしたが、金曜午後からは雨が降らなさそうなので、当日は良馬場になるかもしれませんね。
まずは、有力どころをチェックしてみましょう。
ルーラーシップ
国際G1を圧勝しての凱旋帰国。今回はオルフェーヴルを抜いて1番人気になるかもしれない。この馬は過去の成績をみても分かるように連勝が一度もないので、今回は×の順番。ただ、今回は適度に間隔が空いているのと、楽勝後なので意外に反動は出ないかもしれません。前走のような好位抜け出しができるのなら成績が安定しそうだが、阪神2200mで同じ競馬ができるか。外枠の方が競馬はしやすそう。
オルフェーヴル
圧倒的人気の天皇賞惨敗から、中間仕上がり途上の情報もあり、適度に人気を落としてきそう。このレースと相性の良いステイゴールド産駒。追い切りの内容を見る限り、体調面は問題ないと思います。ただ、過去の成績を見ると強いのは瞬発力勝負で、前走の超ロングスパートが案外だったところを見ると、宝塚記念への適性はあまり高くないかも。あくまで例年の宝塚記念だったらの話で、昨年の有馬のようなレースになると、この馬の好走確率は上がると思う。
ウインバリアシオン
脚質的には広いコースの方が合いそうな馬。小回りコースだと、4角である程度前との馬群が詰まる緩い流れの方がいい。今回は岩田騎手への乗り替わりがどう出るか。エンジンのかかりは早くないので、内回りはあまり合わないような気はする。
トゥザグローリー
前走のようにスローできっちり折り合えば結果を出せる馬。日経新春杯ではロングスパートレースでも勝っているので、ここもある程度適性はありそうだ。前走があまりに楽な結果だっただけに、200m延長で流れが厳しくなることは割り引きか。
エイシンフラッシュ
スローの瞬発力勝負が得意だが、ある程度流れるレースでも結果を出せるオールマイティー型。今回も印を回すことは必要そうだが、海外帰り+休み明けのローテはプラスとは言えない。追い切りは抜群に動いているのでデキはよさそう。
続きます。
【オススメサイト】
□■□ 2年連続的中宣言!宝塚記念(GI)◎-○究極1点勝負 □■□
昨年6人気のアーネストリー陣営から本音を入手して2020円ズバリ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
天皇賞(春)はまさかの11着”オルフェーヴル”は頭で買えるのか?
2頭で決まれば高回収必至!◎-○究極1点勝負”限定無料配信”
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ▼ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
今年の宝塚記念をヒモ解く上で重要な鍵を握っているのは4頭出しの池江寿厩舎なのは言うまでもない。しかし、気になるのは大将格のオルフェーヴルに関して陣営のトーンがあまり上がってこない点。
帰厩してから初めて攻め馬に跨った池添も「菊花賞、有馬記念時と比較すると正直モノ足りない」とこぼしており、陣営が1週前追い切りの動きを確認してから出否を決断したにも納得がいく。
ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、アーネトリー、ショウナンマイティ
ウインバリアシオン、フェデラリストと有力馬も多数スタンバイ。
更にビートブラック・ネコパンチと逃げ馬が2頭揃ったことで天皇賞(春)同様に
波乱となる可能性は十分。2頭で決まれば高回収必至の◎-○究極1点勝負
は見逃し厳禁です!

≫≫ ◎-○究極1点勝負馬券を無料で今すぐチェック! ≪≪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です