ダービー全頭チェック1

アルフレード
G1馬で前走G1で2着にも関わらず乗り替わり。ウイリアムズがトーセンホマレボシを選択したことからも、距離が長いと思われているのか。連対がマイルまでしかないというのは、ダービーでは厳しいと思います。前走は2着とは言え、勝ち馬には上がり3Fでも見劣っており、瞬発力の面でもここに入ると厳しそう。
エタンダール
青葉賞は基本的に勝ち馬しか馬券にならない。2着とはいえ、フェノーメノに0.4差の完敗で、さらにメンバーが強くなるここではいらないかと。
クラレント
マイルCで人気薄好走も、勝ち馬には完敗でこのメンバーに入ると厳しい。後方からの競馬ながら、それほど速い脚があるわけではなく、Hペースで展開を生かして上位に食い込むマイラーでしょう。
グランデッツァ
前走は後方からの競馬で1番人気を裏切る結果。今回は2強と比べるとだいぶ人気を落としそうだが、東京での瞬発力という点では2頭には劣るだけに巻き返しは厳しそうだ。ある程度好位で競馬して早めの競馬で後続を封じ込めることができるかが鍵。距離が伸びて良さそうな印象はないので、個人的には消しの方向で検討中。
コスモオオゾラ
皐月賞は馬場の恩恵もあっての4着。渋った馬場が得意なタイプなので、高速馬場で東京になると厳しいだろう。共同通信杯では切れ負けしており、2年前のような豪雨にでもならない限りは買えない。
ゴールドシップ
早めに動いても長くいい脚を使うタイプで東京向き。ある程度中団でも競馬できるし、ペースが上がっても、スローになっても対応できる。エンジンがかかるまでが大変な馬だが、乗り慣れている鞍上なら弱点をカバーしてくれそうだ。ワールドエースが負けてなお強しの印象を受けているので、2番人気になりそうな点はプラス。
ジャスタウェイ
こちらもマイル勝ちまでしかないので、2400mになるとどうか。軽い馬場に替わることはプラスもきさらぎ賞ではワールドエースやヒストリカルに末脚の面で大きく見劣っており、ここに入ると厳しそう。
スピルバーグ
典型的なオープン大将のイメージ。堅実に走るがG1になると少し足りない馬だろう。藤沢厩舎にG1を勝てる勢いはなさそうだし、掲示板までか。
ゼロス
展開の鍵をにぎる馬。メイショウカドマツもいなくなって単騎で行けそうなメンツ。鞍上はG1を勝って勢いに乗る川田だが、さすがに馬券圏内に来るのは厳しいだろう。ディープブリランテあたりにつつかれて1000m60秒ちょいぐらいのペースになると予想。
後半に続きます。
【4週連続でG1の勝馬ピックアップのサイト紹介】

出走馬の過去レースを数値化して強い馬を選んでくれる
KLAN式スピード指数」が4週連続でG1勝ち馬をピックアップ。
■天皇賞(春) ビートブラック(14番人気・159.6倍)
■NHKマイルカップ カレンブラックヒル(1番人気・3.7倍)
■ヴィクトリアマイル ホエールキャプチャ(4番人気・7.2倍)
■オークス ジェンティルドンナ(3番人気・5.6倍) ← NEW!
まあ、週単位で見ても、だいたい約70レース中56レース(80%)くらいは1着をピックアップできているので、
これくらいは当然といえるのかもしれません。
KLAN式スピード指数」に向いているのは、
「予想の最初の取っ掛かり」や「本命馬の信頼性を見る」、「指数が高い(実力がある)のに人気薄の馬」といった使い方です。
今週からレースごとに「コース別の指数順位」「距離別の指数順位」「馬場別の指数順位」が出るようになって、
さらに使い方の幅が広がりました。
さて、いよいよ今週は日本ダービーですが、今週もKLAN式スピード指数の情報をコッソリ教えましょう。
トップスコアはゴールドシップ・トーセンホマレボシ・フェノーメノが同じ指数。
皐月賞・京都新聞杯・青葉賞の勝馬たちで完全に割れました。
ここに、同レースの2着組と、別路線からの有力馬との力関係が…おっと、これ以上はやめときましょう(笑)
ここまで来たら5週連続でG1馬を教えて欲しいところ。
みなさんのダービーの馬券に幸運がありますように!
4週連続 G1勝ち馬ピックアップ中
KLAN式スピード指数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です