マイルC回顧~1番人気堂々の逃げ切りで完敗~

1番人気のカレンブラックヒルが逃げ。ラスト4F目に12.6を入れてうまく溜めを作り、直線で二の足を使っての完勝。勝ち時計はここ数年と比べると物足りないものだったが、最終の古馬準OPよりも速いところを見ると、直前の雨で時計がかかる馬場だったと判断できそう。
カレンブラックヒル
3戦の内容が平坦戦だったので、瞬発力勝負だと危ないと思ったが圧勝されて脱帽。今後は父と似たようなタイプになっていくのではないだろうか。少し力の要る馬場で後続の脚が思ったほど伸びなかったこともあるが、世代のマイル路線では抜けた存在か。今後危ないのは、やはりパンパンの良馬場での切れ味勝負だろう。父同様1600~2000mまでがベストか。1番人気で思い切って逃げた秋山騎手の騎乗には脱帽。初G1おめでとうございます。
アルフレード
緩い流れだったので、結果的に積極的に前にポジションを取るウィリアムズの騎乗とピッタリマッチした。勝ち馬には完敗の内容で2歳チャンピオンとは言え、世代3,4番手以下に落ちてしまった印象。今後はG1では少し足りない馬になっていくのではないだろうか。騎手のコメントにもあるが、前に馬を置ける内枠の方がよさそう。
クラレント
ダンスインザダーク産駒らしい人気薄での激走。印は回らなかったが、ここ3走は不良馬場と中山コースでの敗戦だったので、東京コースに戻るここは狙い目だったのかもしれない。母父もダンシングブレーヴで、今後も条件が揃った時だけ突っ込んで来るタイプになりそう。東京、京都コースで。
ジャスタウェイ
上がり3F34.2とそれなりに切れる脚を使ってはいるものの2着争いまで。もっとパンパンの良馬場の方が弾けたか。中間一頓挫あったので、仕上がりの面で今ひとつなところがあったのかも。
ハナズゴール
こちらも一頓挫あった影響が少なからずあったか。直前の雨の影響で少しパワーを要する馬場になったのも痛かった。もっと軽い馬場になればオークスでも。
ブライトライン
スローの瞬発戦では出番がない。ハイペースできっちり折り合える1400~1600で狙ってみたい。

【PR】天才!水上学のKEYホース3連単勝負馬券
競馬で勝てるメールマガジン 天才!競馬マガジン
■東大卒の天才・水上学が選ぶ『KEYホース』とは?
KEYホースは最も勝つ確率が高い馬とイコールではなく、単純に3着までに入る可能性の高い馬というわけでもない。
言うなれば「あえて買い目に組み込む価値のある馬」です。
今週はヴィクトリアマイル(G1)のKEYホースを無料配信!
▼ヴィクトリアマイルCのKEYホースをお見逃しなく!▼
【KEYホース3連単買い目を無料入手する】
■狙いは『3連単馬券』のみ!!
天才競馬マガジンは3連単攻略に挑むアナタを応援します。
KEYホース3連単勝負では各場メインレースを水上学がコンサルティング。
買い目に加えるだけで配当が跳ね上がる、天才が揺るぎない根拠を見出した巨穴馬、それがKEYホース。
すなわち、指名されるのは誰でも分かるような1番人気であろうはずがない。
レース後に『まさかアノ馬が』などと嘆く前に、その存在を知っておいて損はないはずだ。
ヴィクトリアマイルでは、水上学が最もかしこい買い方を3連単買い目形式で教えます!
さぁ、今すぐ無料エントリーして天才馬券師の仲間入りを果たせ!!
▼【ヴィクトリアマイル】KEYホース3連単勝負を無料配信▼
【KEYホース3連単買い目を無料入手する】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です