【毎日杯回顧】ダービーにつながるか?

雨の影響を受けて時計のかかるコンディションだった毎日杯。1000m61.3ながら半分で割ったラップは48.7-48.3なので、極端なスローということはなく、少し遅目の流れだったぐらいでしょうか。そろそろ内は厳しくなっているのか、上位は外を回した差し馬が独占でした。
ヒストリカル
兄同様重馬場でもきっちり伸びた。直線の長いコースでじっくり脚を溜めることができれば安定して伸びそう。ただ、外に出すのに苦労する不器用なタイプなので、内回りコースや、直線が長いコースでも内伸び馬場になると思わぬ取りこぼしがありそう。決め手は世代屈指でダービーが楽しみな1頭だが、兄姉はマイル付近ベストの馬が多く、2400mはギリギリか。
マウントシェスタ
直線の伸び脚は目を見張るものがあったが、今回の時計のかかる馬場が向いた感が強い。3戦して全て外回りコースながら上がり3Fで35秒を切ったことがないのは不安。ダービートライアルあたりでは案外取りこぼすタイプではないだろうか。兄ボレアスはダート馬だし、この馬自身もパンパンの良馬場での決め手比べになると疑問符がつく。
スピルバーグ
一つ上の世代だとトーセンレーヴに近いキャラで、トーセンよりも少し能力が落ちるぐらいの馬か。今後も人気先行タイプで、人気で取りこぼすシーンが多そうだ。マイル付近でスローで流れる競馬が一番向きそう。
ダローネガ
決め手はないので今回の競馬は正解だと思うが、以前の粘りが全く見られず。現状デキが戻っていない印象を受ける。中山マイルとかの方が条件的には合いそう。クラシックだと厳しい。
ヒストリカルは皐月賞負けたらダービー本命を考えていたんですが、皐月賞はパスしてダービー直行なんだとか。皐月賞がどの馬が勝つかわかりませんが、直行ローテならそこそこ人気になりそうで、馬券的な妙味となるとどうでしょうね。

2件のフィードバック

  1. サンタモニカ より:

    いつも拝見させていただいています^^
    過去の馬柱が見れないです^^;
    よろしくです^^

  2. るなぱーく より:

    修正しました。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です