高松宮記念は荒れなかった

予想の際の懸念事項の一つであった「逃げ馬がエーシンダックマンしかいない」ことの影響が大きかったのか、思ったほど強力な前傾ラップにはならず、3Fから4F目に0.1の加速が入り、掲示板のうちの4頭が先行馬という結果になりました。
カレンチャン
好位から早め先頭でしっかり伸びての快勝。前走からの上積みが大きかっただけに順当な勝利と言えそう。スプリンターズSでは厳しい流れで快勝しており、緩い流れから厳しい流れまで対応できることを示した。安定感は現役スプリンターの中では屈指。よほど厳しい流れにならない限りは簡単に止まらない。池添騎手の大一番での勝負強さはやはりリーディングの福永騎手よりも断然上か。
サンカルロ
後方から唯一伸びての2着。力は出し切った印象。突き抜けるにはもう少し展開の助けが欲しかったか。今回はスタートを決めてある程度中団に付けられたことが大きかったように思う。
ロードカナロア
荒れた内で失速するかと思ったが、3着に残ったところはさすが。多分キャラ的にはダッシャーゴーゴーに近くて、前半と後半がイーブンになる流れの方がベター。伸びあぐねた今日の競馬内容を見ると、さらに厳しい流れになると失速するのではないかと思う。秋のスプリンターズSはもう少し軽い馬場になりそうなので今回よりは条件が向きそう。
ダッシャーゴーゴー
ある程度展開が緩めば安定して走る。セントウルSなら信頼。G1で好走できるかは展開次第。今回は条件的には向いていただけに勝てなかったのは痛い。
グランプリエンゼル
前後半が2秒差あるぐらいのズブズブの流れにならないとG1ではキツい。良馬場まで回復してしまったのは痛かった。
今年の印象としては、意外に長い直線での適性は必要ないということ。スプリント路線ではそもそも東京や京都外のレースが少ないので、予想ファクターとしては来年以降もあまり重視する必要はなさそうです。時計のかかる新装中京はなかなか面白いので、来年以降も急に高速化とかせずにこのままの馬場を意地して欲しいところ。
【オススメサイト】
突然ですが、今年の競馬の収支はどうですか?
私の友人の話ですが、1月は8万円も大負けしたのに

2月は何と30万円も儲かっているというのです。
いつもは何もおごってくれないケチな友人ですが
回らない寿司をおごってくれました(^_^メ)
「何でそんなに儲かっているの?」と聞いたら
「このサイト使ってるんだ」と。
そのサイトが・・・馬将です。
今登録すると毎週の重賞情報が無料との事。
早速私も登録しました。
正直なぜこのサイトで儲けられるの?と思ってしまいましたが
先週だけで穴を的中させてもらいました。
まずは登録してメルマガだけでも受け取ってみると面白いですよ♪
是非2012年は「馬将」の予想で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です