中山記念回顧

中山記念はフェデラリストを無印にして完敗。ちなみに私は前走中山金杯組の成績が悪いとか、G2以上で連対がないからという理由のみでフェデラリストを無印にしたわけではありません。今回は馬場が重かったこと、シルポートが逃げることでかなりタフなレースになるというのが戦前の私の見解で、フェデラリストは3連勝がいずれも後傾のラップで、ラスト3Fで11秒台のラップが並ぶ比較的軽い質のレースでの連勝だったので、ここは評価を下げました。結果的にはシルポートが大逃げになって2番手以降はそれほどタフなレースにならず。実際には経験しただけで母父ダンスパートナーのスタミナ面からはタフな競馬をこなしても驚けないわけで、内枠なら△ぐらいは回すべきだったと反省。予想の大筋は悪くないと思うのですが、あと1歩の馬券が続きます。。
【中山記念】
ゆっくり入って3F目からペースアップしての大逃げ。1000mは58.7で馬場を考えれば速めペースだったが、後続は追いかけず(追いかけられず?)。直線に入ってもリードは縮まらず、唯一馬群から抜けてきたフェデラリストが何とかゴール前で捉えました。
フェデラリスト
後続は実質スローに近い流れだったので、この馬の得意とする後傾のラップに近いものになったのがよかったか。今日のような重い馬場も問題なく、母系からの豊富なスタミナは受け継いでいるよう。速い流れにもある程度対応できそうで、今後が楽しみになってきた。輸送経験がほとんどないので、次に喧嘩を売るなら関西圏の競馬か。
シルポート
気分よく走れると上級クラスでも通用するホワイトマズル。ここ何走かは自分の競馬をさせてもらえなかったので、単騎逃げでの巻き返しはいかにもこの血統らしい。シャドウゲイトもそうだが、重馬場得意で高齢までしぶとく走る血統。人気がなくなった時の激走はあと何回かお目にかかれそう。
リアルインパクト
上位2頭には完敗も関東圏では完敗。兄のアイルラヴァゲインも道悪よりは高速馬場の方が得意だったので、安田記念のような高速馬場の方が向く馬なのだろう。1400~1800の関東圏ならある程度信頼できそう。兄同様息の長い活躍に期待。
トゥザグローリー
キンカメ産駒だが、道悪があまりよくないのかも。長距離ならごまかしがきくが基本的には広いコース向き。暖かくなると調子を崩すので、今後は人気でも疑ってかかりたい。
4,5着の2頭は中山重賞で特注のネオユニヴァース。G3クラスまでの中山1800~2200あたりなら一発ありそうです。
【オススメサイト☆】
単刀直入にお聞きします。
みなさん競馬予想サイトを利用した事はありますか?
ある方はおわかりだと思いますが、予想会社の
予想って高いですよね。
30,000円、50,000円、100,000円など、馬券代も
考えるとなかなか買う気になれませんよね。
そこで、このような数万円する競馬予想がわずか
10分の1の金額で購入できるサイトがコチラです。

今までは予想会社の予想代が馬券代を大幅に上まっていたのに
今後からは予想代と馬券代の差がほとんど無くなります!
50,000円、100,000円の予想を一度買ってみたいと思いませんか?
オススメです。

■共同購入@競馬
無料登録はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です