阪神JF回顧

今年の暮れの阪神は全体的に重めの馬場。母系にノーザンダンサーやグレイソヴリンが入ったサンデー系の馬を狙ったわけですが、△消◎○で決着。
ジョワドヴィーヴル
外に持ち出して文句なしの完勝。1戦のキャリアで馬格がない点がどうかと思ったが、母系のよさをしっかり受け継いでいるようで、現時点ではこの世代では抜けた1頭のようだ。中間しっかり追い切ってきており、新馬戦からの上積みも大きかったのだろう。馬体は小さいものの、重い芝をしっかりこなして最速上がりをマークしており、姉同様にある程度の馬場ならこなせそうだ。
アイアムユアーズ
仕上がりの早いファルブラヴ産駒で、母母父にサンデーが入っており、決め手勝負にも対応できた。エアグルーヴの母ダイナカールにつながる牝系で、大一番にも強い血統。ファンタジーS勝ちにも関わらず8番人気の低評価はちょっとなめられすぎだったか。
サウンドオブハート
大外枠で折り合いに苦労した印象で、内枠なら2着はあったか。先行タイプのアグネスタキオンで、決め手は案外なのかも。桜花賞で通用するにはもう一回り成長が必要。
イチオクノホシ
そこそこ伸びているものの、上がり3位以内には入れておらず、現状ではG1では少し足りない印象。そこそこ成長力のあるゼンノロブロイ産駒なので、成長を待ちたい。
エピセアローム
ダイワメジャー産駒はG1クラスになると現状少し決め手に欠ける印象がある。この馬もある程度厳しい流れの方が持ち味が生きそう。
ラシンティランテ
中1週で疲れがあったのか、思わぬ先行策となってしまい惨敗。先行策は向かないと思うので、馬の後ろできっちり脚を溜める必要がありそう。直線平坦のマイルで見直してみたい。
2頭のダイワメジャー産駒は惨敗で、やはり外回りG1では決め手不足の印象を受けた。逆に朝日杯で人気を背負うであろうダローネガの中山マイルは絶好の条件に見えるが果たして・・・?
【有馬記念オススメサイト】
みなさん、いよいよ有馬記念が近づいて来ましたね。
ブエナビスタVSオルフェーヴルの対決に注目が集まりますが
トーセンジョーダンやジャガーメイルなどのジャパンカップ上位馬や
ヒルノダムール、ヴィクトワールピサなどの春の実績馬も顔を揃え、
非常に楽しみなメンバーになりました。
きっちり予想をして勝ちたいですね。
そこでおすすめのサイトが「馬将」
「馬将」は50年の実績を持ち、今まで相当数の会員を
的中に導いて来ましたが、未だ的中率は落ちるところを知らず
直近では689万円、180万円、1500万円儲けた会員が
出ています。
今登録頂くと有馬記念のスペシャル情報をプレゼントキャンペーン中!
是非有馬記念は「馬将」の予想で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です