ジャパンC外国馬

今年は凱旋門賞の1,2着馬が参戦。凱旋門3着馬のスノーフェアリーがエリザベス女王杯を連覇したことからも、この2頭にはかなり注目が集まりそう。出走馬4頭を血統面からチェックしてみます。
サラリンクス
父:Montjeu 母の父:Danehill
父「モンジュー」という記述をみた瞬間に個人的には消し。モンジュー自身も勝てていないJCで父よりも明らかにスケールが劣る娘では厳しいでしょう。重い馬場でしか実績がなく、日本の高速馬場への対応は厳しそう。
シャレータ
父:Sinndar 母の父:Barathea
父はダンチヒ系で、父父のGrand Lodgeは日本でシンボリグランを出しているように、日本の芝にも対応できそう。母父はサドラー系。Hペースのスピード決着なら面白そうだが、スローの瞬発力勝負になると切れ味には疑問符がつく。鞍上が日本での騎乗経験豊富なルメールであることはプラス。
デインドリーム
父:Lomitas 母の父:Danehill
父はニジンスキー系種牡馬で、母父は日本でお馴染みのデインヒル。サドラー系の欧州馬よりは買えるが、血統だけ見ると是非買いたい馬という感じではない。この馬の場合は凱旋門賞をレコード勝ちしていて時計に裏付けがあることでかなり人気しそう。2年前のようにタフなレースになる想定なら◎候補だが、近年のようなスローの瞬発力勝負になると取りこぼしはあると思う。鞍上シュタルケは日本での騎乗経験こそあるものの勝ち星なしな点はマイナス。
ミッションアプルーヴド
父:With Approval 母の父:Fortunate Prospect
父はカロ産駒(グレイソヴリン系)で、日本ではエイシンキャメロンを排出している。母父はミスプロ系。グレイソヴリンがJCで来るには厳しい流れになる必要がありそう。それ以前に能力的にも凱旋門賞1,2着馬には大きく劣る印象。7歳という年齢もネックで基本消しで問題ないはず。
今年は瞬発力勝負になると見るので、基本的に外国馬は軽視。凱旋門賞1,2着馬は△ぐらいでお茶を濁そうと思います。
【秋G1オススメサイト】
本当に馬券を当てたい方におすすめのサイトが競馬オンライン
とにかく的中させる力はすごい。
例えば・・・
10月30日(日)東京11R 天皇賞(秋) 3連単214,010円的中!
トーセンジョーダン、ダークシャドウ、ペルーサの3頭を
完全的中。
*7番人気のトーセンジョーダンを拾えるとは・・・
他にも2011年秋競馬も的中ラッシュがたくさん。
会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
現在、少しずつ会員を募集しています。
月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします

サイト名:競馬オンライン
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ
マイルCSの予想も無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です