秋華賞展望

馬柱の更新がうまく行ってなかったようですいません。22:30頃更新しました。
ヤクルト終戦で残念な気持ちで一杯。まあ、直接対決で4つ負けたらどうしようもないですね。若手の投手陣は育ってきているので、一年戦える体力をつけて来年巻き返して欲しいものです。そのまえにCSがありますが、現状の戦力だと仮に中日に勝てたとしてもパ・リーグには全く勝てそうにありませんね。
【秋華賞】
牝馬の重賞にしては珍しく、極端なスローにはなりにくいレースで、1000mの通過タイムは58秒台~59秒台が基本。ただ、ペースが上がる割には春の実績馬が安泰のレースで、過去10年のうち9頭が1番人気または2番人気である。ブゼンキャンドルのイメージが残っているおっさんとしては荒れるイメージが強いですが、近年で荒れたのは牝馬3冠が全て万馬券の08年ぐらいで基本的にあまり荒れない重賞である。
今年は先週の京都がとんでもない高速馬場だったものの、土曜朝までかなりまとまった雨が降りそうで、少なくとも土曜の馬場は雨の影響を受けそう。レースまでには良まで回復するでしょうが、中間は芝刈りもしていないようなので、超高速馬場まではいかないか。良まで回復するなら例年通り1分58秒台の時計になりそう。今年は夏場に1200mで前半3F32.3で逃げていたメモリアルイヤーが出走でペースが緩むことはまずないだろう。
前哨戦は
ローズSは前半1000mが61.7で上がり3Fの競馬。
紫苑Sは道中に緩みが入らない加速の少ないレコード決着。
クイーンSは前半58.4のハイペースで上がりのかかる厳しいレース。
狙いたいのは紫苑S上位組とクイーンS組ですが、紫苑Sは時計が速くても信用できないケースが多いので、相手関係を考えるとやはりクイーンS組ですかね。両方に出走しているデルマドゥルガーも気になります。ローズS組は緩い流れが合わなくて敗れた春の実績馬の巻き返しもあるのではないかと期待しています。
【秋G1オススメサイト】
秋のG1シーズンにおすすめのサイトが高配当.com。
とにかく的中率はすごい。
今のところ63%を達成。
業界の平均値が30%という事を考えると驚くべき的中率です。
そのため、口コミで徐々に会員が増えているのですが、
今回のみ特別に新規ユーザーの募集を始めました。
会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
少しずつでの募集ですが。。
月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。
是非この機会にお試しください。そして秋のG1シーズンで儲けて下さい!
こちらからアクセスください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です