オールカマー展望

神戸新聞杯はセントライト記念よりも春の実績馬の層が厚く、夏の上がり馬は3着までというのが過去4年の傾向。少なくとも1000万クラスをきっちり勝ち上がってくる馬じゃないと通用しないでしょう。休み明けの馬は春でのオープン勝ち以上は欲しい。クレスコグランドが取り消しで、ますます上位人気馬に人気が集中しそうで、あまり荒れそうな要素が見当たらない。オルフェーヴルは普通に来そうだし、ウインバリアシオンもかなり仕上げてきているようです。ケンが無難か。
というわけで、今週はテンション下がりまくりなのですが、阪神2400mよりは得意条件の中山2200mを買った方がいいだろうってことで、9頭立てという寂しいオールカマーを考察します。
中山2200mということで、基本的にリピーターレース。中山2200mで実績がある馬は要注意です。今年はかなり馬場が良く、Cコース替わりの週でもあるので、余程のスローにならない限り、高速決着になりそうです。
今年はおそらく圧倒的人気になるアーネストリーが主役候補。パンパンの良馬場が得意で、宝塚記念をレコード勝ちしているように時計決着も大好き。関東の成績が関西より落ちるというのはありますが、そもそも東京コースがあまり合わないと思っているので、中山中距離なら簡単には崩れないように思います。59キロ、札幌記念の出走取りやめ直後というこということで、頭絶対とは言えないですが、このメンツで3着は外しそうにありません。
中山2200mで実績があるのは
カリバーン 1600万 1着
シャドウゲイト AJCC 2着
ぐらいですね。
というわけで、アーネストリーから上の2頭で。
安そうなので、買い方考えないといけないですね。
【オススメ】
「阪神・朝日CCは○→▲で馬単3540円ヒット!!」
金満血統王国で有名な田端到さん・加藤栄さんの「新・血統論」も大好評連載中!
完全無料の競馬コラムサイト「ヨミトクケイバ」のご紹介です。

みなさん、POGはやられてますか? 自分の指名馬が今どこにいるか、
把握できてますか?クラブの馬だと簡単に情報を入手できるのですが、
個人馬主の所有馬だと、トレセンにいるのか牧場にいるのか、
調教は進んでいるのか、全然話題に出てこなくて困ったりしますよね。
競馬コラムサイト「ヨミトクケイバ」はそれを解決してくれるんです。
「ヨミトクケイバ」では、読者からのリクエストに基づいて現役のトレセン
競馬記者に調査を依頼。調教師ら関係者への徹底取材で、リクエストに
積極的に答えてくれるから、助かります。
現役競馬記者は馬券のヒントも取材してくれます。週末には、
新聞には書けない(!?)オフレコ・ワケアリの推奨馬をピックアップしてくれます。
馬券のヒントと言えば、編集長である「1馬(現優馬)」元TMの松代和也氏が目利きする「忘れずに次狙おう」や「明日のレース展望」といった予想コラムも全て無料で読めるのが嬉しいですね。
もちろん、”競馬コラムサイト”と銘打つだけあって、「ヨミトクケイバ」
競馬コラムも充実。丹下日出夫さんや、競馬専門紙「競友」本紙の
渡邊芳徳さん
をはじめ、種牡馬事典や競馬雑誌「サラブレ」の
金満血統王国で有名な田端到さん、加藤栄さん
など、ここでしか読めない
コラムが満載です。
みなさんも一度ぜひ、完全無料の競馬コラムサイト「ヨミトクケイバ」
ご覧になってはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です