セントライト記念回顧

木曜の時点で3頭挙げて、最終的に一番評価を低くしたフェイトフルウォーに快勝され、人気馬で唯一無印にしたトーセンラーに2着される等相変わらずセンスのない予想で申し訳ない限りです。明日も競馬があるんですが、今のところ買う予定のレースはないので、見送りの予定です。
【セントライト記念】
1000m通過が57.5とかなり速い流れ。ロイヤルクレストが大逃げしていたので、後続は59秒台ぐらいでしょうか。
ラスト4Fは
12.3-12.5-12.7-11.6と変なラップですが、ラスト300ぐらいまでロイヤルクレストが先頭だったので、後続は坂でも止まらずラストまでしっかり伸びている印象です。
フェイトフルウォー
京成杯で厳しい流れを経験していことが生きた。春は東京でのG1で後方からの競馬になり力を出し切れなかったが、ある程度前で競馬ができて復活。東京よりも中山の競馬の方が合いそうで、脚質は違うが特殊コースはドリームジャーニーに近そう。菊花賞とはレース質が全く違う今年のセントライト記念だったので、本番への直結度は薄そうだが、今後もどこかの重賞では一発がありそうな馬。
無印トーセンラー
瞬発力特化の馬と見越して、中山2200への適性は低いと見たが、評価を改めるべきか。きさらぎ賞も大逃げ馬を直線で捕まえる競馬で、案外長い脚が使えるタイプなのかもしれない。今回のレース自体は本番に直結するものではないが、京都に実績があるし、母系にサドラーズウェルズが入って距離延長も問題なさそう。勝ち馬よりも菊では高く評価してみたい。
サダムパテック
最後よく3着まで来たが、上位2頭には完敗の内容。距離が伸びて良い血統でもないので、菊での逆転は厳しそうだ。本番でも大して人気も落とさなさそうで旨みは少ない。短縮で。
ベルシャザール
馬場が良くて決め手勝負になりすぎた。より決め手が必要になる長距離戦はあまり向かないように思う。フィフスペトルみたいにマイル~1800mがベストの馬になっていくのではないだろうか。中山2200mも適性はあると思うが、買うなら冬場で時計がかかるAJCCの方だろう。
マイネルメダリスト
上がりが速すぎて4角時点でついて行けず。現時点では決め手はそれほどないので、重賞クラスではハンデをもらわないと厳しそうだ。人気はすぐに落ちそうなタイプなので、どこかで大穴になることを期待。上がりがかかるローカルや冬の中山の方が合いそう。
ユニバーサルバンク
4角で手応えがなくなる。血統のイメージほど持続力はないのかも。これまでに実績があるのも上がり3Fをきっちりまとめるレースなので、ロングスパートになると案外な馬なのかもしれない。ローズSのマルセリーナもそうだが、松博厩舎は休み明けの仕上げは今ひとつ。
【オススメ】
「阪神・朝日CCは○→▲で馬単3540円ヒット!!」
金満血統王国で有名な田端到氏の「新・血統論」も大好評連載中!
完全無料の競馬コラムサイト「ヨミトクケイバ」のご紹介です。

みなさん、POGはやられてますか? 自分の指名馬が今どこにいるか、
把握できてますか?クラブの馬だと簡単に情報を入手できるのですが、
個人馬主の所有馬だと、トレセンにいるのか牧場にいるのか、
調教は進んでいるのか、全然話題に出てこなくて困ったりしますよね。
競馬コラムサイト「ヨミトクケイバ」はそれを解決してくれるんです。
「ヨミトクケイバ」では、読者からのリクエストに基づいて現役のトレセン
競馬記者に調査を依頼。調教師ら関係者への徹底取材で、リクエストに
積極的に答えてくれるから、助かります。
現役競馬記者は馬券のヒントも取材してくれます。週末には、
新聞には書けない(!?)オフレコ・ワケアリの推奨馬をピックアップしてくれます。
馬券のヒントと言えば、編集長である「1馬(現優馬)」元TMの松代和也氏が目利きする「忘れずに次狙おう」や「明日のレース展望」といった予想コラムも全て無料で読めるのが嬉しいですね。
もちろん、”競馬コラムサイト”と銘打つだけあって、「ヨミトクケイバ」
競馬コラムも充実。丹下日出夫さんや、競馬専門紙「競友」本紙の
渡邊芳徳さん
をはじめ、種牡馬事典や競馬雑誌「サラブレ」の
金満血統王国で有名な田端到さん、加藤栄さん
など、ここでしか読めない
コラムが満載です。
みなさんも一度ぜひ、完全無料の競馬コラムサイト「ヨミトクケイバ」
ご覧になってはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です