札幌記念回顧

6頭印打って、マイネルスターリー以外は○△△◎▲か。
札幌記念はスローになると、11秒台が後半に3つぐらい続いてラストも脚が鈍らない傾向が強いので、好位である程度速い脚を使える馬か、決め手のある差し馬を重視したつもりでした。◎コスモネモシンはもう少し前で競馬してくれることを期待したのですが、レッドディザイアのすぐ前ではレッドにはなかなか先着できないなぁ・・・。
トーセンジョーダン
スタートも今ひとつ、直線に入った時点で手応えはかなり悪く、正直出来はそれほどよくなかったのだろう。それでもラストにしぶとく抜け出した勝負根性はかなりのもので、直線が短いコースで前に付けられれば安定しそうだ。調子がいい時はもっと反応がいい馬なので、順調に使うことができればG1でも。ただ、東京だと一線級に決め手で劣るので、やはり狙いは有馬。僕が馬主ならオールカマー→秋天→有馬のローテのマツリダゴッホローテで有馬を狙います。秋天惨敗で有馬5番人気ぐらいなら今年も本命を打ってしまいそうだ。
アクシオン
内枠をうまく活かして好位の競馬からの2着。鞍上がうまく乗った印象で、-14キロとここ目標で絞り込んできたことからも秋の重賞戦線で期待するのは酷かもしれない。現状洋芝ベストで、時計の速いコースではつらそう。
レッドディザイア
直線はあわやの末脚を見せて復活を印象づけた。切れ味を活かすには広いコースの方がいいだろう。コスモネモシンを物差しにすれば、牝馬同士ならまだまだやれそうで、エリ女路線を使ってくれば有力。坂路での切れが戻ってくれば本調子か。
コスモネモシン
1~3着とは差のある競馬で、有利とされる滞在の連闘でこの結果なので、牡馬相手では少し足りないのだろう。牝馬同士、直線の短い競馬場での中距離なら引き続き狙える。秋は愛知杯あたりか。
カリバーン
デュランダル産駒はオープンぐらいまではポンポンと連勝して上昇気流に乗るものの、重賞で勝ち切れない。今回は休み明けなので、もう一戦みたいところ。母父にノーザンテーストが入っていて持続力もそれなりに合うので、オールカマーを使ってくれば面白そう。
マイネルスターリー
洋芝は得意だが、決め手はそれほどないので、もう少し前が飛ばす展開の方が向く。昨年同様前半が落ち着いたのが痛かった。決め手を補うには、内枠で先行するなどある程度の強気の競馬が必要そう。中央場所ではペースが上がらないと厳しい。
キングトップガン
逃げが合わなかったこともあるだろうが、函館記念よりも決め手が必要な札幌記念では厳しい。ステイヤータイプなので、もう少し上がりがかかる展開になれば再度の激走も。
【こっそりオススメ】
7月24日(日)函館12R 松前特別
3連単:3→6→5(3点) 11,850円的中。
7月24日(日)京都8R 3歳上500万下
馬単:12→15(3点) 12,100円的中。
7月23日(土)新潟7R 3歳上500万下
馬単:15→4(3点) 9,700円的中。
競馬の達人が教える、馬券が当たる興奮。
10年ぶりに一般会員募集中です。
詳しくはコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です