関屋記念回顧

関屋記念は人気どころで消し候補に挙げた馬が上位を独占して完敗の内容。
1,2番人気に◎○を打っている時点で穴党として白旗宣言しており、こういうレースは買うもんじゃないなとつくづく反省。
マイネルファルケが行くのなら速くても58秒台半ばぐらいと思いまいしたが、1000mが57.8と厳しい流れでした。ラスト1ハロンでガクっとラップが落ちるのは例年どおり。
レインボーペガサス
母父デインヒルの影響が強く出ているダートもこなすパワータイプで、皐月賞でも本命にした馬なのに、「父アグネスタキオン」の理由で消したらダメだろうと猛省。新潟にアンカツが乗りに来ていることや、坂路での追い切り内容からもここは勝負気配だったか。京都コースは巧者で目標はマイルCSになりそうだが、スマイルジャックを物差しにしても全盛期の力があってもG1には少し足りなさそう。57キロまでなら中山マイルのハンデ戦でどうか。
エアラフォン
上がり最速の33.1をマーク。ある程度ペースが上がる方が向くタイプなのだろう。ただし、新潟の上がり3Fは他場では信用できないので注意。富士Sあたりの条件だと追って案外というシーンも。もう一皮むければマイルCSでも面白い存在になりそうなのだが、G1で脆さを見せる母父ジェイドが個人的にはひっかかる。
サトノフローラ
馬格がない馬で斤量の軽いここに格上挑戦。馬ごとに合う条件を上手く選んで起用してくるあたりは、さすが好調堀厩舎というところか。同世代との対決だと斤量が増えるので格上挑戦で斤量が軽い時の方が面白そう。
セイクリッドバレー
近走は1800や2000で結果を出しているところから見ても、生粋のマイラーではなく速い流れには対応できないタイプか。マイルなら昨年のような前半ゆったりの流れがベストで、ペースが上がるマイルは向かない。1番人気で凡走するタイプなので、人気が落ちてペースが緩む時に狙ってみたい。
スズジュピター
谷川岳Sとほぼ同じタイムで走破しているところを見ると、現状重賞では少し足りない馬なのだろう。こちらもペースが緩めの1800mぐらいがベストの馬。オープン特別のハンデ戦なら。
【こっそりオススメ】
7月24日(日)函館12R 松前特別
3連単:3→6→5(3点) 11,850円的中。
7月24日(日)京都8R 3歳上500万下
馬単:12→15(3点) 12,100円的中。
7月23日(土)新潟7R 3歳上500万下
馬単:15→4(3点) 9,700円的中。
競馬の達人が教える、馬券が当たる興奮。
10年ぶりに一般会員募集中です。
詳しくはコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です