函館記念回顧

金曜日の時点で注目馬にキングトップガンとマンハッタンスカイを挙げて、選択を誤るというお決まりの展開(笑)。今週からBコース替わりで比較的フラットな馬場で、こういう馬場になると内枠をうまく活かせるかどうかがレース結果に直結しますね。
土曜の競馬から比較すると勝ち時計は少し遅いのではないかと思う。下馬評通りの低調なメンバー構成でレースレベルとしては今ひとつか。上位馬は高齢ということもあり、次走以降も人気はしないだろうが、過信は禁物だ。
キングトップガン
G2を勝って54キロなら恵まれたと言える斤量だったか。内をうまく突いた鞍上の好騎乗が光った。ノリはそろそろ復調気配で、秋は大きいところで一発あるか。馬は充実期を迎えており、昨年ほど勝ち時計が速くならなかったことも向いた。ただ、レースレベルはそれほど高くなかったこともあり、別定戦クラスになると少し足りないのではないかと思う。
マヤノライジン
例年巴賞で敗れた馬が巻き返すことが多いレースで、今年は同じ1800mの五稜郭Sで僅差で敗れたこの馬が狙い目だったか。前哨戦のオープン特別が緩い流れになりやすく、そこで敗れた馬が厳しい流れの函館記念で巻き返すパターンは、まさに定石パターン。昨今は調教技術等の進歩から10歳でも連に絡む馬が増えており、年齢だけで大きく人気を落としている馬は今後も警戒したい。
アクシオン
内有利の展開の中、最後よく伸びている。洋芝は上手いので昨年同様札幌記念でも△ぐらいは回しておきたい。G2の上位レベルだと少し足りないぐらいの力量。
マイネルスターリー
予想のところにも書いたように、今年は昨年と比べてプラスとなる材料が少なく、ここは危ない人気馬だったか。洋芝は得意なはずなので、大きく人気を落とすようなら札幌記念でも警戒してみたい。
【オススメサイト】
小倉記念の情報も無料!⇒トップリーディング

サイト名:トップリーディング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ

小倉記念の直前情報がすごい競馬サイトのご紹介です。
トップリーディングはクレーム0を
目指し日々精進を重ねています。
現在の「ノークレーム」継続時間は
何と「522日と10時間!!」
この瞬間も継続時間が増えています。
今週は小倉記念の特別キャンペーンの開催が決定!
お試し頂くなら今が最大のチャンスかもしれません。
登録・サイト閲覧はこちらから(まずはサイトの雰囲気だけでもご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です