宝塚記念◎ドリームジャーニー

過去5年では良馬場で行われたのは1回だけだが、今年は良馬場濃厚。
展開を握りそうなのは内の2頭。
ナムラクレセントは阪神大賞典のイメージで早目先頭、もしくは逃げて4角で突き放す競馬を想定してそう。
アーネストリーは佐藤哲三鞍上で脚質的にも近いタップダンスシチーの宝塚記念のイメージで乗りたいと考えているだろう。
いずれが主導権を取ったとしても前半は平均~スローで流れてのロングスパート勝負が濃厚だ。
馬場がいいこともあり、勝ち時計は2分11秒前後。
上記2頭が展開を握った場合はラスト4Fは
11.8-11.8-11.4-12.0
ぐらい?推定上がり3F35.2。
良馬場だった09年よりもスパートのタイミングが早く、直線で突き放そうとする競馬になると見る。11.8-11.8-11.4まではナムラクレセントの阪神大賞典と同じで、距離が短くて馬場が良いのでラストもそれほど止まらないのでは?
先行馬は11秒台を持続しつつラストも踏ん張る底力、差し馬は4角までの11秒台が続くコーナリングで前に取り付く機動力が必要だ。
ドリームジャーニー
2年前の勝ち馬で、宝塚記念、有馬記念を勝っているように、グランプリへの適性抜群。コーナーの多いコースでのコーナリングの上手さが最大の長所。ずっと脚元に不安があり、昨年の大阪杯以降は坂路で調教を行ってきたが、今回は久々にCW追いを敢行。3週連続でビッシリと追った追い切りは先を考えない究極の仕上げ。適性はある、状態面も戻ってきたとなれば、後は馬に走る気力が残っているかだけ。父は7歳で国際G1を勝った馬で長い間トップクラスを走り続けた馬。有終の美飾れるか、注目してみたい。
アーネストリー
前走は完敗の内容だが、天皇賞以来の実戦、得意とは言えない道悪での敗戦だけに気にする必要はないだろう。叩き2走目の上積みは大きく、2000m前後で加速の少ないレースはベストの条件。佐藤哲三が強気の競馬をすればチャンスは十分。
エイシンフラッシュ
4歳の中でも最も安定感のある馬で、平坦ラップへの適性も高い。今回も追い切り内容抜群で簡単には崩れないと見る。
 ◎ドリームジャーニー
 ○アーネストリー
 ▲エイシンフラッシュ
 △ナムラクレセント、シンゲン、トーセンジョーダン、トゥザグローリー
 ×ルーラーシップ、ブエナビスタ
ルーラーシップはそんなに器用なタイプではないので、内枠は仇となる可能性が高いと見る。ブエナビスタは今年は能力の衰えとの戦いで、得意とは言えない内回りコースなら死角ありと見て、共に3連のヒモ評価。
馬券は◎から△までの馬連と◎○▲を絡めた3連複で勝負。
【オススメサイト】
宝塚記念の情報も無料!⇒トップリーディング

サイト名:トップリーディング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ

宝塚記念の直前情報がすごい競馬サイトのご紹介です。
トップリーディングはクレーム0を
目指し日々精進を重ねています。
現在の「ノークレーム」継続時間は
何と「464日と10時間!!」
この瞬間も継続時間が増えています。
今週は宝塚記念の特別キャンペーンの開催が決定!
お試し頂くなら今が最大のチャンスかもしれません。
登録・サイト閲覧はこちらから(まずはサイトの雰囲気だけでもご覧ください)

1件の返信

  1. フィニィー より:

    お世話になってます
    宝塚記念
    (14-4)-9-11
    枠連2-7 馬連・ワイド4-14
    3連各1点(14-4-9)
    計500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です