宝塚記念有力馬

宝塚記念は2200mという特殊距離かつ阪神内回りということもあり、他のG1では勝ち切れないようなタイプが勝つレース。ラップ的には急加速が少なくてロングスパート戦になる可能性が濃厚。東京G1等とは一線を画すレースであり、伏兵の台頭もありそうなレース。4歳とブエナビスタに注目が集まる今年の宝塚記念。まずは人気サイドをチェックしてみたい。
ブエナビスタ
ベストは東京の2000m付近だろう。国内では4着以下なしの抜群の安定感。宝塚記念や有馬記念でも能力の高さで崩れないが、グランプリは3回走って全て2着と勝ち切れていないところに死角がある。今年は海外でAWだったとはいえ、生涯初の着外を経験。そろそろ競走能力的にはピークを過ぎた懸念がある。そういう意味でも危ないのは適性面で落ちる宝塚記念と有馬記念。○~△の予定。
ルーラーシップ
前走は出遅れて外を回しての完勝という圧巻の内容。大跳びで不器用なタイプで、内回りコースはあんまり向かない。前走は京都内回りで勝ったが、出遅れたおかげで、腹をくくって外を回す競馬ができたのがよかった。内で馬群を器用に割るような競馬はできないはずで、内枠を引いたことは大幅に割り引きたい。出遅れて大外回して勝てるほどG1は甘くないと思うので△まで。ベストは東京2000mである程度ペースが速くなる天皇賞秋じゃないだろうか。
トゥザグローリー
有馬記念3着。急加速の瞬発力勝負よりも徐々に加速していくようなレースが合う。4歳勢の中ではグランプリへの適性は一番高いように思う。気になる点は中間夏負け気味との情報と、外枠を引いてしまったこと。今回も逃げ馬不在で前半は我慢してのロングスパート戦になる。有馬記念のようにうまく折り合うことができればチャンスはありそう。△
エイシンフラッシュ
加速度の少ない平坦ラップだった皐月賞で3着、超スローの瞬発戦のダービーで1着、出し入れの激しかった天皇賞春で2着と、様々な条件で好走できるオールラウンダー。状態面を考慮すると、3歳で一番無難に買えそうなのはこの馬。○か▲
ローズキングダム
トゥザグローリーと同じキンカメ×サンデーだけど、こっちはサンデーの血が濃いようで、瞬発力特化。今年に入っての内容も今ひとつで、ここは適正外と見る。ウイリアムズ鞍上なら人気もあまり落ちなさそうだし、無印の予定。
【オススメサイト】
宝塚記念の情報も無料!⇒トップリーディング

サイト名:トップリーディング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ

宝塚記念の直前情報がすごい競馬サイトのご紹介です。
トップリーディングはクレーム0を
目指し日々精進を重ねています。
現在の「ノークレーム」継続時間は
何と「464日と10時間!!」
この瞬間も継続時間が増えています。
今週は宝塚記念の特別キャンペーンの開催が決定!
お試し頂くなら今が最大のチャンスかもしれません。
登録・サイト閲覧はこちらから(まずはサイトの雰囲気だけでもご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です