マーメイドS回顧

マーメイドSは完敗。
前半スローも1000mから徐々に加速していくラップで、スローの割には前に厳しかったレース。1~4着まで差し馬が独占したように、結果的に差し有利のレースになりました。
フミノイマージン
完全に本格化。外回りコースの方がさらに末脚がはまるタイプなので、秋は楽しみな存在。距離延長も問題なさそうで、エリ女は有力候補か。
ブロードストリート
加速度の少ない中距離がベストの馬。差しの決まるタフな馬場で、ほぼベストの条件ながら1キロ差あったとはいえフミノイマージンには完敗。状態は戻っているもののブエナビスタと接戦を演じた3歳の出来にはないか。
アースシンボル
最後方待機で展開が思いっきりはまった。
イタリアンレッド
少し窮屈な競馬になっていたので、得意の小倉での巻き返しに期待してみたい。
アスカトップレディ
直線で窮屈になって不完全燃焼の競馬。このキャリアで1番人気は少し過剰人気だったか。クイーンSあたりの条件なら人気落ちで巻き返せる能力はある。
【オススメサイト】
宝塚記念の情報も無料!⇒トップリーディング

サイト名:トップリーディング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ

宝塚記念の直前情報がすごい競馬サイトのご紹介です。
トップリーディングはクレーム0を
目指し日々精進を重ねています。
現在の「ノークレーム」継続時間は
何と「464日と10時間!!」
この瞬間も継続時間が増えています。
今週は宝塚記念の特別キャンペーンの開催が決定!
お試し頂くなら今が最大のチャンスかもしれません。
登録・サイト閲覧はこちらから(まずはサイトの雰囲気だけでもご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です