ダービー回顧

不良で行われた今年のダービー。2年前ほどではないにしろ、レースの走破タイムは2.30.5と遅く、かなりタフな競馬。運とか関係なくオルフェーヴルに実力でねじ伏せられた印象で、予想としては完敗。強いですね。
オルフェーヴル
この馬場で上がり34秒台は立派。今回は直線で何度か不利があったが、それでも瞬時に加速できる立ち回りの上手さがこの馬の武器。馬格がないので不良馬場がどうかと思ったが、本当に強い馬は馬場も物ともしないというところを見せてくれた。兄は菊5着で春天3着。血統的にも菊花賞は問題ないだろう。他に強力なライバルも登場しないのであれば、夏を越えて順調なら3冠は見えてきそうだ。危ないとしたらトライアルでの前の食い残しぐらいだろう。
ウインバリアシオン
G1ではワンパンチ足りないと思っていたので、この激走は驚き。前走できっちり立てなおしてきており、馬が一変したか。500キロ近い馬格があるパワータイプで、不良馬場は向いたように思う。母父ストームキャット系なので、好調期は連続で好走するタイプか。ムラな面はありそうなので、今後は人気を背負う立場でどうか。
ベルシャザール
道悪適性の高さで何とか3着。最後ナカヤマナイトを差し返しており、勝負根性はかなりのものだろう。上位2頭には完敗だった。瞬発力では足りないので、今後も狙うなら内回りコースや中山になりそう。距離も2000mぐらいがベストか。
ナカヤマナイト
同じナカヤマのナカヤマフェスタと同じ4着。ステイゴールド産駒は成長力に優れた馬が多いだけに、今後の成長に期待してみたい。
クレスコグランド
京都外回りで2勝しているので、菊花賞で楽しみな馬。トライアル惨敗で人気を落とすようなら菊花賞の穴で。
サダムパテック
距離適性はダイタクリーヴァに近いのかも。秋は菊路線はパスするだろうから、マイルCSあたりを使うなら楽しみ。
【オススメサイト】
日本ダービーの情報も無料!⇒トップリーディング

サイト名:トップリーディング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ

日本ダービーの直前情報がすごい競馬サイトのご紹介です。
トップリーディングはクレーム0を
目指し日々精進を重ねています。
現在の「ノークレーム」継続時間は
何と「464日と10時間!!」
この瞬間も継続時間が増えています。
今週は日本ダービー(G1)の特別キャンペーンの開催が決定!
直前★超有力情報
・日本ダービー⇒オルフェ×池添が本当に警戒するのは?
・重馬場⇒重馬場発表に歓喜の陣営とは…?
お試し頂くなら今が最大のチャンスかもしれません。
登録・サイト閲覧はこちらから(まずはサイトの雰囲気だけでもご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です