京王杯SC

東京1400mは1600m以上とは違って道中で息が入りにくいのが特徴。中でも京王杯SCは宮記念経由で来る馬が多いことや、G2でメンバーが揃うこともあり、ラップ的には11秒台前半がずらりと並ぶ息の入りにくい流れになりがち。シルポートお得意の直線入り口で加速して後続を突き放す競馬の再現性は低いとみる。
ショウワモダン
前走は直線でクレバートウショウの内を突くも前が開かず、外に出す多少ちぐはぐな競馬になりながらの5着で、春になってようやく復調気配が出てきた。瞬発力勝負よりも昨年の安田記念のようにペースが上がって平坦戦になってこその馬。シルポートのマークがきつくなりペースアップが期待できるだけに是非とも狙ってみたい。
ショウナンアルバ
ジョーカプチーノが逃げたスワンSで2着。ある程度前が速くなって上手く折り合えれば面白い存在。
 ◎ショウワモダン
 ○サンカルロ
 ▲ジョーカプチーノ
 注ショウナンアルバ
 △ガルボ、エーシンフォワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です